HOME>>制度連結Input

多様なデータ収集方式

多様なデータ収集方式に標準で対応しており、既存の個社会計システムを変更することなくデータ収集が可能です。


データ整合性自動チェック

データ入力時のチェック(1次チェック)、及びデータ取込後のチェック(2次チェック)を行うことにより、自動的に入力データの整合性確保が可能です。

データ整合性自動チェック

データ入力時チェック(1次チェック)

マスタ存在チェック

バリデーション・チェック

貸借バランスチェック

財務諸表データと相手先別明細との金額一致チェック

財務諸表データと増減明細との金額一致チェック etc.

データ取込後チェック(2次チェック)

マスタ整合性チェック

財務諸表データと相手先別明細との金額一致チェック

財務諸表データと増減明細との金額一致チェック

棚卸資産データと財務諸表データとの金額大小チェック

固定資産データと財務諸表データとの金額大小チェック etc.

連結決算に必要な個社データの収集状況の進捗を一画面で確認でき、また、全ての入力表に遷移 できるため、効率的にデータ収集/確認が可能です。