企業会計マネジメントセミナー2009 IFRS(国際会計基準)を契機とした経営変革 ~ 会計のグローバル化時代を迎えて ~

<< セミナー一覧へ戻る

第1回「IFRSと企業経営~グローバルマーケットで勝ち続けるために」

本セミナーはおかげ様で盛況のうちに終了致しました。
ありがとうございました。

本セミナーに関するお問い合わせ及びセミナー資料のご希望は以下のメールアドレスにご連絡頂きますようお願い申し上げます。seminar@layers.co.jp セミナー担当

■ コンバージェンス(収斂)からアドプション(採用)へ。ビジネス・インパクトの考察、検証から早期適用に向けた準備、実行段階へ。企業を測るモノサシを世界中で1つにする国際会計基準(IFRS)への関心は、その影響の広さ、深さ、大きさが徐々に見聞されるにつれ、大きなうねりとなりつつあります。ヒト、モノ、カネが国境を越えて自由に移動する国際化の流れの中で、日本企業がそのグローバルなマーケットで伍していくため、今やIFRSは理解するものではなく、IFRSを企業成長の武器としてチャンスに結び付けるような思考の転換が必要と言えるでしょう。

■ 当セミナーでは、国際会計基準(IFRS)の強制適用を見据えた企業経営を柱に全2回にわたり検証していきます。その第1日目として「IFRSと企業経営」メインテーマに、待ったなしの経営の真の国際化に、またグローバル成長戦略としてのIFRSの適用に、マネジメントが為すべき施策を考察します。そして第2日目には「経理・財務部門の変革」をメインテーマに、主導的な役割を担うであろう経理・財務組織への影響や導入に備えた変革のポイント、また会計のグローバル化時代における経理部門、経理人材の在り方など、多岐にわたり考察します。

※全2回
第2回 12/3「経理・財務部門の変革~IFRS時代と向き合い今為すべき施策」

■開催概要

開催日時 2009年12月2日水曜日 13:00~17:00 ※弊社講演は13:10~14:10
会費 (お一人様/1コース料金/税込み)
■通常料金 ¥21,000
■コーポレートパック ¥16,800
(2名様以上、または2コースでお申込みの方の1回の参加料)
会場 LEVEL XXI(レベル21)
東京都千代田区大手町2-2-2
アーバンネット 大手町ビル21F
アクセスマップ
交通 ■JR東京駅
 丸の内北口~徒歩5分
■地下鉄
 大手町駅下車(A5 B2A出口)徒歩1~5分
 丸の内線/東西線/千代田線/半蔵門線/都営三田線
定員 各回100名
対象 CFO、経理・財務部門、経営企画部門、業務・情報システム、監査部門他、各事業部門の管理職、実務担当者
主催 株式会社ビジネス・フォーラム事務局
協賛 東洋経済新報社
お問い合わせ 株式会社ビジネス・フォーラム事務局
TEL:03-3518-6531
FAX:03-3518-6534
E-Mail:customer1@b-forum.net

■タイムテーブル

13:10~ 基調講演(60分間) 
『IFRS時代に求められる経営とは』
■IFRS最新動向と企業の対応
■IFRS時代の経営戦略の要諦
■IFRSが経営・業務・システムに与える影響

株式会社レイヤーズ・コンサルティング
代表取締役CEO 公認会計士
杉野 尚志
アーサーアンダーセン&カンパニー(現アクセンチュア株式会社)を経て、現在160名のスタッフを有する日本発の独立系である(株)レイヤーズ・コンサルティングのCEOとして、多くの上場企業に対し、IFRS導入インパクト分析、経営計画、グループ経営戦略の策定・導入、生産管理、原価管理、新規事業開発、ITマネジメント等のコンサルティングを実施する。
14:15~ 特別講演 I (75分間)
『経営戦略としてIFRSをどう捉えるか
~ 会計のグローバル化時代を迎えて今為すべき次の一手』
■グローバルなマーケットで勝ち続けるための
~経営会計の役割と考え方
■IFRS時代を迎えて
 ~新しい価値評価軸と経理・財務の役割

住友スリーエム株式会社
取締役 財務、情報システム
コーポレートマーケティング及び総務担当
昆 政彦 氏
早稲田大学商学部卒業、シカゴ大学経営大学院修士課程修了(MBA)、米国公認会計士。GE横河メディカルシステム(株)CFO、(株)ファーストリテイリング執行役員、GEキャピタルリーシング(株)執行役員 最高財務責任者(CFO)等を経て現職。著書として、『CSRイニシアチブ』(日本規格協会、2005、共著、監訳)、『やわらかい内部統制』(日本規格協会、2007、共著)、『CSRとガバナンスがわかる事典』(創成者、2007、共著)、『CSRハンドブック』(PHP、2009、共著)。
15:45~ 特別講演 II (75分間)
『国際企業経営と現代の「経理・財務&CFO」~ IFRSと経営会計』
■企業経営の本質と会計のグローバル化
■我が国産業界の動きと展望
■「経営(者)会計」のための経理・財務&CFOの役割

信越化学工業株式会社
顧問
前金融監督庁(現金融庁)顧問
金児 昭 氏
京大学農学部農業経済学科卒業。信越化学工業入社。以来38年間、経理・財務部門の実務一筋。92~99年、常務取締役(経理・財務、法務、資材関係担当)。94~97年、公認会計士試験(筆記・口述)試験委員。98~2000年、金融監督庁(現金融庁)顧問(専門分野「企業会計」)。95年、平成7年度納税表彰[麹町税務署長表彰]。主な著書に、『「経理・財務」<上級>』、『「利益力世界一」をつくったM&A』(いずれも日本経済新聞出版社)ほか多数。
17:00 終了