国際会計基準シンポジウム2010

<< セミナー一覧へ戻る

このセミナーは終了しました。

IFRS強制適用は早くて2015年3月期決算からになる見通しですが、それに先立ち、2010年3月期から海外で事業・財務活動を展開する企業に対しIFRSの任意適用が認められることになりました。2010年度はそのほかにも、資産除去債務の適用開始、包括利益の測定・開示の最終確定など、企業価値を根本から左右する基準の策定が控えています。

金融庁は現在「適用時期の1年前の財務諸表からIFRSに基づいた財務諸表を用意する」と定めているため、2015年3月期からIFRSを適用する場合には、2014年度の財務諸表は比較のためにIFRSと日本の会計基準の両方を準備する必要があります。逆算すると、2014年3月期が始まる2013年4月の時点で、IFRSに基づいた賃借対照表が必要となります。つまり、2015年の強制適用へ向けたIFRSの体制準備のために、残された準備期間はわずか3年となります。

今回のセミナーでは、日本のIFRSを推し進める立場である、金融庁総務企画局企業開示課長 三井秀範氏をはじめとして、会計・経営・情報システムなどさまざまな分野の識者が一堂に会し、IFRS導入の課題や対応策、導入企業の事例をご紹介いたします。貴社IFRS対策の一助として、是非お役立てください。

■開催概要

開催日時 2010年5月19日水曜日 9:30~17:00(9:00開場)予定 ※弊社講演は14:40~15:20
会費 無料(事前登録制)
会場 目黒雅叙園 2F
東京都目黒区下目黒1-8-1
アクセスマップ
交通 目黒駅(JR山手線西口、東急目黒線、地下鉄南北線・三田線)より行人坂を下って徒歩3分、権之助坂を下って徒歩5分
主催 日経BP・国際会計基準プロジェクト
【協力】日経ビジネス、日経情報ストラテジー、日経コンピュータ、日経ビジネスONLINE、ITpro ほか
協賛 アクセンチュア,中央大学,ディーバ,ジャパン・ビジネス・アシュアランス,JPアクチュアリーコンサルティング,日本IBM,日本オラクル/NTTコムウェア,プロティビティ ジャパン,レイヤーズ・コンサルティング,エス・エス・ジェイ,他(ABC順)
お問い合わせ 日経BP読者サービスセンター セミナー係
TEL:03-5696-1111(平日9:00~17:00)※電話での申し込みはできません。

■タイムテーブル

14:40~15:20 【マネジメント・セッション】
IFRSが経営そのものに与える影響

新年度に入りIFRSに対する本格的な取組を開始した企業も多いと思いますが、IFRSの導入は会計処理・業務処理の変更に止まらず、経営そのもの変革を迫るものです。そこでIFRS時代におけるマネジメントフレーム、トップマネジメントの業績管理・評価、グループ経理・連結等の考え方について解説いたします。また、当社にて開発したIFRS完全対応連結システム「Jin~仁」についてご紹介いたします。

株式会社レイヤーズ・コンサルティング
経営管理ソリューショングループ 取締役 パートナー 公認会計士
薄井 賢治