第2回 追い込み実践的内部統制セミナー ~これからでも遅くない1年目の内部統制 ・2年目以降の経営にとって意味のある内部統制~

<< セミナー一覧へ戻る

本セミナーはおかげ様で盛況のうちに終了致しました。
ありがとうございました。

本セミナーに関するお問い合わせ及びセミナー資料のご希望は
以下のメールアドレスにご連絡頂きますようお願い申し上げます。
seminar@layers.co.jp セミナー担当

内部統制報告制度の適用開始年度を目前に控え、対応を迫られている上場企業の状況は大きく二つに分かれております。これから1年目の内部統制対応を行わなければならない企業と、2年目3年目を迎えて内部統制対応の効率化や高度化が求められている企業です。
1年目の内部統制対応においては、限りある時間の中でポイントを押さえたメリハリのある対応を行うことが重要になります。具体的には、内部統制を有効と評価するには是正後に運用を行う期間が必要であることを踏まえ、重要性や頻度から優先順位をつけて整備評価、是正活動、運用評価を段取りよく実施していくことが必要です。
2年目以降の内部統制対応においては、前年度の運用評価結果や内部統制報告書に対する課題の解決を行うとともに、内部統制を経営管理そのものと位置づけ、既存のリスクマネジメント制度への組み込みや事業リスクマネジメントへの高度化を検討し、経営にとって意味のある内部統制を実現していくことが重要です。
当セミナーでは、「これからでも遅くない1年目の内部統制」「2年目以降の経営にとって意味のある内部統制」の2つのテーマに沿って、先進企業における取り組み事例を交え、監査法人、コンサルティングの外部専門家としての立場から内部統制報告制度対応におけるポイントを考察していきます。全講演者が公認会計士となっており、専門的・実務的な視点で分かりやすく解説いたします。

■開催概要

開催日時 2008年3月25日火曜日 13:00~17:00
会費 無料(事前登録制)
会場 大手町サンケイプラザ/4Fホール
東京都千代田区大手町1-7-2
http://www.s-plaza.com/map/
交通 「大手町」駅「A4・E1」出口 直結
 (丸ノ内線・半蔵門線・千代田線・東西線・三田線)
「東京」駅「丸ノ内北口」より徒歩7分 (JR)
定員 150名
※お申込み多数の場合は抽選とさせて頂きます。
※当セミナーは参加対象を限定させて頂いております。
  対象者以外の方、弊社と同業の方に関しましては、お断りさせて頂く場合がございますので、予めご了承下さい。
対象 経営者、取締役、経営企画、経理財務、総務、監査、内部統制担当、他各事業部門の担当役員、およびご責任者の方々
主催 株式会社ビジネス・フォーラム事務局
お問い合わせ 株式会社ビジネス・フォーラム事務局
TEL 03-5459-0518

■タイムテーブル

13:00~13:20 (20分) オープニング・アドレス

株式会社レイヤーズ・コンサルティング
代表取締役 CEO
公認会計士
杉野 尚志

アーサーアンダーセン&カンパニー(現アクセンチュア株式会社)を経て、株式会社レイヤーズ・コンサルティングを設立、現職に至る。様々な上場企業に対する内部統制構築、経営計画、グループ経営戦略の立案、生産管理、原価管理、新規事業開発、ITマネジメント等のコンサルティングを多数手掛ける。公認会計士。
13:20~15:00 第1部 『これからでも遅くない1年目の内部統制』
講演Ⅰ(50分) 13:20~14:10 「まだ間に合う内部統制」

■有効と評価される内部統制の整備には時間がかかる
 ・業務の設計(文書化)
 ・設計通りの運用確立
 ・評価方法、体制の整備
■残された時間は14ヶ月(3月決算会社)
 ・09年3月末の有効性を目指す
 ・最後まであきらめない(最悪、監査報告書が作成されるまで)
■整備と運用評価を段取り良く実施するため整備計画と
 内部監査計画を連動させて立案
 ・整備の優先順位
 ・評価の優先順位
■内部統制ピットインサービス
 ・適時適量の内部統制サービス

株式会社レイヤーズ・コンサルティング
常務取締役
内部統制ソリューショングループ
公認会計士
平川 惠一

アーサーアンダーセン&カンパニー(現アクセンチュア株式会社)を経て、上場企業に対する、内部統制構築、グループ経営戦略の立案等のコンサルティングを多数手掛ける。現在大手自動車メーカ、大手電機メーカ、大手燃料販売メーカ会社、大手電住設機器卸業会社等に対する日本版SOX法対応のための内部統制構築コンサルティングを多数実施。
講演Ⅱ(50分) 14:10~15:00 「追い込み内部統制整備の現状と課題
 ~今一度押さえておきたいこと~」

意見書や概要、関係指針等を参考に、理解しておくべきこと、留意すべき事項、限られた資源を注力すべき要点について、触れていきます。ポイントを踏まえ、自信を持って、メリハリのある対応をしていくことが大切です。
■JSOXの概要
■関係指針から-ここに注意しよう
■今一度押さえておきたいこと

あずさ監査法人
公認会計士
森居 達郎氏
(前企業会計審議会内部統制部会作業部会委員)

財務諸表監査業務、株式公開業務支援、業務改善業務、リスクコンサルティング業務を担当。現在、企業における財務報告にかかる内部統制の信頼性の確保への支援、財務諸表監査業務に従事。日本公認会計士協会内部統制検討専門委員会、企業会計審議会内部統制部会作業部会の各委員も努めた。
15:00~15:20 (20分) コーヒーブレイク
15:20~17:00 第2部 『2年目以降の経営にとって意味のある内部統制』