サービスライン

ITマネジメント

ITオーナーズコンサルティング

企業経営におけるITの意義はますます増大しています。CIOの責任範囲が急激に拡大しつつある中、CIOの右腕、「施主代行」としてCIO・IT部門を強力にサポートします。

ITグランドデザイン

  • 技術革新とビジネス変革を考慮に入れた、「本業を支える中核IT」と外部調達・入れ替え可能な「周辺IT」を見極めたITロードマップ策定

現行システム再構築要否判定評価

  • ビジネス影響、維持コスト、技術潮流、メーカ政策、技術者確保などの多面的な解析を実施し、現行資産再構築要非を評価

ITコスト・パフォーマンス評価

  • 専門的なSW/HW用語、複雑な課金体系やアイテムの多さから理解しにくいITコストを視える化し、ビジネス貢献の評価、代替プランまで提案

ITコントラクトマネジメント/IT保守・運用コスト診断ソリューション

  • 要諦は、契約の分割、更新サイクルの短期化、報告義務の多頻度化
  • コンサルティング会社、大手SIerのやり方を知りつくしたプロが支援

レガシーマイグレーションソリューション

  • 歴史が作ってきたレガシーのビジネスロジックは、巨大な財産。動いている仕組みを廃棄することなく、安全・安価なマイグレーションを実現

MDM(マスターデータマネジメント)ソリューション

  • 分析システムの高度化・高速化により、マスター統合を起点とする分析の仕組み作りが大きなトレンドになる今、過去のノウハウを活かし、 「小さく産んで大きく育てる」分析基盤を構築

プロジェクトマネジメントオフィス支援(PMO支援)

システム開発の「工業化」の必要性が叫ばれて久しい中、旧態依然とした開発により、QCDを死守できないプロジェクトが後を絶ちません。弊社はお客様の代理人として、導入ベンダーの恣意に引きずられない、熱い心とクールな頭脳によるPMOでQCDを死守します。

マネジメント意思決定支援

  • ITの言葉、ITの常識を、プロジェクト・オーナーや経営層に分かる内容に翻訳し、意思決定を過たないよう、コミュニケーション、レポート作成を支援

肝を押さえた設計・システム品質の検証

  • 多くのPMO支援と銘打たれたコンサルティングでは、業務や改革、システムの中身を知らずに形式的な進捗や課題の管理に多くの要員が投入される。中身を押さえずしての管理は往々にしてベンダーの主張を覆す根拠を持たず、形骸化する。業務・アプリ・基盤の中身を肝となる部分で押さえ、ベンダー論理に惑わされない設計・システム品質の検証を実施

定量的プロジェクト管理手法

  • 工数分析(残工数、総工数)、要員分析(人数、スキルレベル)、バグ発生率など、多くの定量的品質管理指標の中から最適な指標をプロジェクト特性に応じて取捨選択し、システム開発の状況を「視える化」

お客様視点に徹したベンダー管理

  • ベンダーとお客様の間の関係には、様々なしがらみがあることが多く、プロジェクトに最適な関係であるとは必ずしも言えない。第三者視点から、是々非々で「同じ目標に向かう仲間であり、言うべきことは遠慮なく言う」 役割に徹する

会計、コスト領域のIT開発

会計とコストマネジメントの領域について、 これまでのコンサルティング経験を活かした、真に効果のあるシステムを開発します。

会計システム領域

  • 当社の持つ会計コンサルティングの豊富な経験をベースに、真に必要な業務要件・ システム要件を絞り込む「活用要件定義」手法から、最適パッケージ選定を実施
  • 開発プロジェクトでいつまでもなくならない、ユーザー部門と情報システム部門の意思疎通のずれを会計のプロとしてのコミュニケーションにより徹底的に解消
  • あわせて、システム開発のプロにより、設計・開発・導入に際して、要件の肥大化、 ズレを防止し、当初のコスト、納期を逸脱することのない開発プロジェクト運営を実現

コストマネジメントシステム領域

  • ERPでは補足しきれない詳細な実際原価情報をモニタリングし、目標原価とのかい離を分析できる当社独自のコストマネジメント手法とその運営プロセス・ システムのテンプレートにより、短期間でのコストマネジメント改革を推進
  • 原価管理のプロとシステム開発のプロがタッグを組んで、シミュレーション・予算・実績を現場に負荷をかけることなく実現できる「仕組み」としての原価管理システムを導入。その上で、「使いはじめて、はじめて分かる」システム上の改善をしつこく、諦めず、継続的に実施