グローバル生販在計画に基づく最適地生産・販売

年次ベースでの世界最適地生産の実現

  • 製品1個当たりの最新実績のコストデータに基づくコストシミュレーション
  • 活動計画(販売・生産)と資源計画(人員・設備投資・資金調達)のフルリンケージによる拠点別生産配分シミュレーション
  • 生産拠点・メーカーレイアウト変更に伴うグローバル全体での損益(P/L、B/S、C/F、KPI)分析・シミュレーション
  • 年次最適地生産の決定及び見直し

世界最安値調達の実現

  • 調達コストの世界ベンチマーキングとコストテーブルの構築
  • 最新技術、工法、設備、仕入先別最安値単価情報
  • 原価低減施策情報(原価低減アイデア、対象製品・モジュール・部品、 効果、担当者等)
  • 情報の入手・蓄積の仕組みと併せて、提供・発信・活用の仕組みも構築

短期(週次・月次)グローバル生産・販売・在庫計画(PSI計画)の策定

  • 販売計画/生産計画/在庫計画と資材計画/設備負荷能力/ 所要量計画/生産計画大日程・中日程の連動による週次生産計画・ 在庫計画の策定