layers consulting

住宅関連メーカーにおける経理業務改革

クライアントが抱えていた課題

グローバルな事業展開と積極的なM&Aの実施にIFRS適用が必須と判断されたが、中国・アジアの子会社の決算精度が低く、かつ提出時間が遅いと言う課題があり、IFRS適用までに改善する必要があった。

レイヤーズのアプローチ

子会社の実力と決算早期化の実現性を考え、2段階でのIFRS対応と子会社への支援を実施。

1.2段階方式によるIFRS実現
  第1段階:連結上での組み替え方式
  第2段階:個社決算のIFRS化
2.決算早期化の指南
3.決算実行駆けつけサービスの展開(短期的施策)
4.シェアードサービスセンター等の検討(中期的施策)

成果と顧客満足

海外子会社の決算業務も当初想定よりも早くIFRS対応ができたことにより、IFRS移行日程が守れ、決算指標もワールドワイドで比較可能性が向上、事業のM&Aに役立っている。

お問い合わせ

関連する事例

商社・卸

エネルギー卸・小売業に対する業務改革

営業業務改革

エネルギー

ビジョン達成に向けた戦略的ワークスタイル変革

組織・風土改革

建設・不動産

プロフェッショナル集団への変革を目指した、社員自らが作り出す働き方改革

組織・風土改革

食品

販売費(値引・リベート)の活き金化のPDCAサイクル構築

営業業務改革 戦略プライシング・販売費活き金化

その他製造業

住宅関連メーカーにおけるマトリクス経営管理

マトリクス経営管理

食品

食品メーカーにおけるデジタル管理会計

デジタル管理会計

電子・電機

大手精密機器メーカーにおけるKPI管理

KPI管理

自動車・自動車部品

自動車部品メーカーにおける開発PLM構想のグランドデザイン策定

製品開発プロセス改革・PLM モジュラーデザイン

電子・電機

受け身の調達から攻めの調達への変革

調達業務改革

当サイトでは、お客様により良いサービスを提供するため、クッキーを利用しています。当サイトをご利用いただく際には、当社のクッキーの利用について同意いただいたものとみなします。当社の使用するクッキーや、クッキーの削除またはブロックの方法については、プライバシーポリシーをご確認ください。