facebook facebook twitter twitter instagram instagram youtube youtube ENTRY
ENTRY

コンサルティングの進め方を見て
頼もしい相棒ができたと感じた

コニカミノルタ株式会社

生産・調達本部 生産統括部 生産企画部
兼 デジタルマニュファクチュアリング推進部 部長

鎌田 隆史 様

コニカミノルタ社はコニカ社とミノルタ社が2003年に統合して生まれてきた会社です。
コニカミノルタのDNAは『「みたい」をカタチにする』ということで、創業以来、お客様の「みたい」に応え続けることを大事にしてきました。

コニカミノルタ株式会社 生産・調達本部 生産統括部 生産企画部 兼 デジタルマニュファクチュアリング推進部 部長 鎌田 様

レイヤーズとのお付き合いの経緯

初めて一緒に業務をさせていただいたのは、本部及び国内・海外の拠点における間接業務効率化のプロジェクトです。「何を大切にするのか」「どこをKPIとして見ていくのか」という議論から始め、一緒に現状把握、対策立案含め3~4年かけて行っていきました。
もう一つ大きいプロジェクトは、経営コックピット構想の実現に向けたプロジェクトです。コニカミノルタが今後も力をつけていくために必要なもの、変えてはならないものを徹底的に議論しながらKGIとKPIのストラクチャを作成したのを覚えています。

レイヤーズの評価

間接業務効率化を進めていくと、「ここを効率化してどう変わるのか」というような意見も出てきます。そのような現場の声をくまなく聴きながら、一方でトップの意向も確認しながら、しっかりと効率化を推し進めていってくれました。その姿を見て「頼もしい相棒ができた」と感じました。
また、意見を聞くだけではなくて、それをカタチにしてくれるところも素晴らしいと感じました。例えば、報告書をまとめるときに決定事項だけでなく、その判断に至った思いや背景なども明文化していただきました。あとから、正確に振り返ることができており、その点については大変助かりました。

レイヤーズ入社希望者へのメッセージ

レイヤーズさんを見ていて非常にいいなと思う点は2つあります。
1つ目は、コンサルタントにお金を支払って、企業が行うプロジェクトというのは企業の根幹となる課題を解決しようとするものであることが多いです。プロの人が悩んで解決できなかった本質的な問題に若いうちから向き合うことができます。
2つ目は、そのような本質的な課題を解決していくパワーのある先輩方がたくさんいることです。日々課題があって、日々壁にぶつかってという毎日の連続だと思いますが、先輩方とともに乗り越えていけば必ず自分の成長につながると思います。

関連インタビュー