facebook facebook twitter twitter instagram instagram youtube youtube ENTRY
ENTRY

座談会 風通しの良さについて

座談会メンバー

K.W.

マネージャー

2009年新卒入社。現在は、様々な業種・業界で人材要件検討、人事戦略立案、組織風土変革を中心とした人事全体の改革プロジェクトに取り組んでいる。

A.K.

マネージャー

中途入社。銀行で法人融資を経験した後、レイヤーズに入社。IT、通信キャリア、メーカー等にて中期経営計画策定、企業再生、事業企画・推進 等のプロジェクトに参画。

R.U.

シニアコンサルタント

2016年中途入社。大手メーカーで自動車関連製品のマーケティング・営業を経験した後、レイヤーズに入社。製造業を中心とした各種プロジェクトに参画。

S.I.

シニアコンサルタント

2016年新卒入社。新規事業・マーケティング戦略等事業戦略領域を中心に経験。現在は大手サービサーの事業投資推進支援プロジェクトに参画。

インタビュアー

R.S.

シニアマネージャー

2013年中途入社。公認会計士。経営管理等をはじめIoT、マスター統合等のプロジェクトにも従事。子どもは3歳半、2歳半の2人。

R.S.

レイヤーズには中途の方々も多くいらっしゃいますが、他社と比較して「風通しが良い」と聞く機会が多くあります。先ずは、中途で入社されたA.K.さんとR.U.さんにお聞きしたいのですが他社と比べてレイヤーズの風通しは如何でしょうか。

R.U.

私の以前の職場は典型的な日本企業だったので、あれをやりたい、これをやりたいといっても、若手である間はそれを実現させるのは、かなり難しい環境でした。レイヤーズでは自分のやりたいことがあれば、手を挙げて主張すれば受け入れてもらえます。それは本当にレイヤーズの素晴らしいところだと思います。

A.K.

私は前の職場も風通しは良かったのですが、レイヤーズに入社したばかりの人を見ていると、レイヤーズのほうが風通しが良いと感じます。仕事の相談だけでなく、プライベートをはじめとしてラフなコミュニケーションも活発な印象があります。
それに加えて強く思うのが、役職に縛られる文化が無いことです。役職や立場に関係なく、フラットですよね。あくまでも「仕事がうまくいくか」を重視しているので、いい提案をすれば、転職したばかりであろうと、新卒入社したてだろうと即採用されます。「俺はマネージャーだぞ」みたいな立場や役職が上だからといって、居丈高な人はいないですね。

S.I.

私は新卒で入ったので、他の職場との比較はできませんが、レイヤーズでは新卒で入社したてだろうと、自分の意見を言わないと逆に注意されるほどで、むしろ上司が「下からどんどん意見を言ってほしい」と思っているのがひしひしと伝わってきます。若手の人たちも自分の意見を伝えてチームに貢献したいという思いを持つ人が多いと感じています。

R.U.

一般的なコンサルティングファームの場合は、キャリアが浅いうちは、調査や分析や資料作りだけを任され、クライアントの前に立つ機会が中々ないと聞くことがあります。一方でレイヤーズは、キャリアが浅いうちからでも能力と積極性を持っていれば、自身のランクに関わらずより大きな仕事も任せてもらえ、多くの経験を積むことができます。

R.S.

私も中途入社なのですが、年次や役職に関係無く、オープンなコミュニケーションが行われていて、仕事も積極的に若手に任せる文化はレイヤーズの特徴かなと思います。一部では休日もゴルフやカート、フットサルなどに比較的幅広い年次の方々が交流して、若手と先輩の距離感が近いなと感じます。皆さんはいかがでしょうか、業務外の話題になりましたが、仕事上でそのようなエピソードなどがあれば教えてください。

S.I.

私は入社前にレイヤーズでインターンをしていたのですが、初日から自分の親ぐらいの年齢の先輩コンサルタントの方と夜遅くまでディスカッションをさせていただいたのが印象に残っています。そのときに「これがコンサルティングファームなのか!」と思いました。こんなエキサイティングなことが毎日続いていくなら、きっとこの仕事は面白いのだろうなと。インターンの話にもベテランのコンサルタントが耳を傾けてくれたのが象徴するように、年齢関係なく話し合う文化がありますよね。

A.K.

そうですね。「これをつくれ」「こういうふうにしろ」ということはあまりなくて、まずは「自分の考えはどうなの?」と聞かれます。そこで自分なりに考えをまとめて、それからディスカッションをするのですが、否定的な意見よりもは、「こうしたほうがいいのでは」という建設的な話が重視されます。先輩方も若い人が話しやすいように配慮してくれていると思います。

K.W.

私もまだ経験が浅かったとき、上司や先輩に夜遅くまでディスカッションに付き合ってもらったり、相談に乗ってもらったりしていました。そうしてもらった経験が山ほどあるので、今は後輩たちが困っていたら、出来る限り手助けしたいと思っています。

R.S.

社員同士、プロジェクトチーム内でのお話が多く挙がりましたが、社員対会社という側面ではいかがでしょうか。会社に対して社員の意見や考えを聞いて機動性高く実現してくれる風土もあるかと思います。これまでに会社に要望や提案を聞き入れてもらったエピソードがあれば教えてください。

K.W.

現在ジュニアセッションという若手を対象とした勉強会を月に1回行っています。これは私が会社に提案し、制度化されたものです。提案したときの目的は、もっと会社を盛り上げようというのもあったのですが、私自身長期間のプロジェクトが多いこともあって、他のプロジェクトのことをあまり知る機会が少なかったのです。そこで自分が関わっていないプロジェクトを知る機会を設けてほしいと要望を出しました。それ以外にも「勉強したい」といえば、やらせてもらえますし、レイヤーズは要望や提案を言いやすい文化があると思います。

S.I.

K.W.さんのような先輩がこれまでに提案や要望を出してくれてきたこともあって、レイヤーズのトレーニング体制は充実していると思います。私がコーチングに関する研修を開催してほしいと申し出たら、それもすぐに企画するよう動き出してくれましたし。

R.S.

ここまで風通しのよさをテーマにいろいろとみなさんに話を聞いてきましたが、今後、レイヤーズをもっとよくするために今後やってほしいことや、やりたいことなどがあれば教えてください。

K.W.

少し前にソフトバンクがつくったペッパー君というロボットがあまりにかわいくて、はまったことがありました。私は「ペッパー君でビジネスをしたい!」と思ったんです。そこでクライアントを探し、アライアンスを組んでもらえる企業を探してきて、なんとかビジネス化にこぎつけることができました。自分がやりたいことも会社の貢献に繋がることを納得させられれば、多くのことを聞き入れてくれると思うので、やりたいことがあるのなら、積極的に提案したほうがいいですね。個人的には、今後はさまざまな会社とアライアンスを組みながら、新しい発想で仕事を生み出したいと思っています。

R.U.

私はより専門性を高めて、「この分野ならこの人」と思われるようになりたいですね。そして専門的な知見をクライアントに還元するだけでなく、最終的には社会に対しても還元していきたいです。

S.I.

私はニッチな領域に特化したプロフェッショナルと言いますか、突き抜けた人、言葉は悪いかもしれませんが〝変人〟がたくさん出てくるような会社にしたいです。興味があることをトコトンまで掘り下げて、ある分野のことなら何でも知っている。そんな人が多ければ、レイヤーズはもっと面白い会社になると思います。だから興味があることを追求することに支援があるというのは、とても嬉しい限りです。

A.K.

そういう人が増えていくためにも、好きなことや興味があることを極める時間をひねり出すためのポジティブな時短勤務があってもいいのかなと思います。そうすれば学校に通うこともできますし、わざわざ休職、転職しなくてもいいですからね。それが、レイヤーズとしての強みになっていくとも思います。

R.S.

ありがとうございます。たしかに今以上に柔軟性の働き方を選べるようになると嬉しいですよね。私もレイヤーズが好きで、もっとレイヤーズを多くの人に知ってもらいたいと思っています。理想は、「コンサルをやりたいからレイヤーズに入る」ではなく、「レイヤーズに入りたいからコンサルになる」と思われるような会社になるように頑張りたいですね。

※座談会実施:2018年10月