facebook facebook twitter twitter ENTRY
ENTRY

仕事と育児を両立する中で生まれた変化

M.S.

シニアマネージャー2006年 第二新卒入社

経済学部出身。事業会社で経理業務を経験後、第二新卒でレイヤーズ・コンサルティングに入社。製造業、卸業、小売業など様々な業界の企業に対し、経営管理制度構築、業務改革、新規事業開発など多岐にわたるプロジェクトを経験。

コンサル/レイヤーズに転職しようと思った理由

よりチャレンジングな立場に身をおいて自分を成長させたいと思ったのが転職のきっかけです。たくさんの業界や企業を知ることができ、仕事をする上で常にアップデートを求められるコンサルタントという職業に魅力を感じました。
レイヤーズの面接で、トップが仕事に対して語る熱量に惹かれました。

実際に入ってみてどうだったか

経験の浅いコンサルタントにも責任のある仕事が任されるので、入社した当初はとにかくついていくのに必死でした。がむしゃらに続けてきたのですが、おかげでたくさんの密度の高い経験を積むことができました。
思えば子供の頃から、結婚しても子供を産んでも働いていたいと考えていたので、ハードですがやりがいのある仕事に就けたなと感じています。
実際に子供を産んで復帰してみて、仕事と育児の両立を目指せる仕事だとも感じています。
コンサルタントの仕事は、自分たち自身で何が必要で何をしなくてはいけないか常に考えて動くことが求められますが、定型業務が割り当てられているわけではないので、自分で時間や働き方の調整ができる部分も大きいです。
そうは言ってもクライアント企業第一なので、一緒に働くメンバーや家族にもたくさん助けてもらっていて、本当に感謝しています。

実際に入ってみてどうだったか

現在の仕事と将来の目標

現在は経営管理事業部のマネージャーとしてプロジェクトを管理する立場です。
経営管理事業部は、企業が運営される上での制度・仕組みの構築・変革が主な領域です。また、クライアント企業へのコンサルティングサービス提供において、提案・実行の中心となることがマネージャーの役割です。
シニアコンサルタントまでは、クライアント企業に喜んでもらうことももちろんですが、自分自身の成長を感じられることが仕事をする上での1つのモチベーションでした。経験を積ませてもらって、仕事と育児をかけもちする中で、より誰かのためになることをしたいという思いが強くなりました。
クライアント企業、そこで働く方々がより働きやすくなる、より多くの付加価値を生み出せるようになる、そのためのコンサルタントでありたいと思っています。

レイヤーズの魅力

コンサルティング業界は成果主義・実力主義と言われますが、そういったことを超えて人と協力し合い、他者を助けられる人が多いと思います。
また、こういった働き方をしたい、こんなコンサルティングファームにしていきたいという思いを実現していく土壌があると感じます。ポジティブな発信は積極的に受け入れられます。大規模でないからこその声の通りやすさもあるかもしれません。
私も出産後職場復帰して、子供が病気になった時などのサポートを会社に相談し、ベビーシッターサービスを導入してもらうことができました。

レイヤーズの魅力