facebook facebook twitter twitter instagram instagram youtube youtube ENTRY
ENTRY

なぜ銀行員からコンサルタントに?

Y.H.

シニアマネージャー2015年 第二新卒入社

教育学部出身。新卒で都市銀行に就職し主に中小企業に対し営業を行う。2015年レイヤーズ・コンサルティング入社。製造業を中心に業務改革、プロジェクトマネジメント支援を行う。

第二新卒でコンサル業界に入ったわけ

「もっと経営の根幹、企業の変革に関わる仕事がしたい」というのがコンサル業界を志望したきっかけです。銀行時代は、主に中小企業の社長とお金の面で経営に関わることはできていましたが、企業を存続させるための側面が強いと感じていました。存続ではなく変革したい。お金の観点だけではなく、経営に関わるあらゆる観点から、企業を強くさせ、変革させて行きたいと思いました。また、コンサル業界の「成長スピードの速さ」にも、前職と比較した時に大いに魅力を感じ、コンサル業界に入る決断をしました。

その中でもレイヤーズに入社を決めた理由

「コンサル未経験でも安心できる環境」が一番の理由です。コンサル業界と聞くと「Up or Out」というイメージが強く、短期間で結果を残さないと淘汰されていく業界と思っていました。しかし、レイヤーズは「圧倒的な成長スピード」と「結果にコミットしていく」文化はあるものの、人材を大事にし、私のコンサル業界の悪い(不安な)イメージを持つことは少なかったです。また、日本発のコンサルティングファームということで、所謂、ウェットな部分をちょうど良く持ち合わせ、風通しがよく自由闊達な雰囲気を他社よりも感じることができました。レイヤーズは人材をとても大事にしていますし、入社後も「人財」として扱って頂いていると感じています。

その中でもレイヤーズに入社を決めた理由

前職とレイヤーズの1~3年目の働き方の違い

前職1年目は、ルール(やるべきこと、決められたこと)を頭で覚える。2年目は先輩の後ろに付きながらルールを体で覚える。3年目は、フォローをもらいながらルールを体現する。ある程度、正解のある中で如何にミスを少なくこなして行くかに重点が置かれていたように感じます。一方、レイヤーズでは1年目から、答えの無いものに対し、上長の助けを借りながらも、「自分で考え、自分で決めて、自分で達成する」ことが求められました。レイヤーズに入って3年が立ちましたが、今では、お客様に対し、やるべきことを提言し、お客様と共振し、お客様と達成していく、というステージで仕事ができていると思います。

第二新卒でレイヤーズに入ってよかったこと

「日本企業を肌で少し知っていること。」レイヤーズが主に顧客としているのは、私が新卒で入ったような大企業のお客様が多いです。
大企業は、その歴史はもちろん、様々な人が多く在籍し今の地位を築いています。ですから、大企業には大企業のお作法や考え方があります。私は、新卒で大企業にいたので、レイヤーズが顧客とする会社の雰囲気や考え方を肌で感じることができました。ここで重要なのは、前の会社に染まりすぎず、大企業(顧客)を知ることができたこと。知っていたからこそ、お客様へのコミュニケーションや共振の方法を違和感なく実践できました。また、染まりすぎていなかったからこそ、コンサルタントとして客観的にお客様の課題を俯瞰して考えられたことが一番良かったと思っています。

第二新卒でレイヤーズに入ってよかったこと

シニアマネージャー