layers consulting

【オンラインセミナー】10月13日開催「Beyondコロナ時代のものづくり 持続性あるサプライチェーン体制の構築とこれを支えるECM/SCM改革」

本セミナーは終了いたしました。多数のご参加を賜り誠にありがとうございました。

*プログラムに一部変更がございました。セミナーの終了時間を当初予定の16:30から16:45に15分延長させていただきますので何卒ご了承くださいませ

■新型コロナウイルスよる世界的不況で売上が伸び悩む中、グローバルでのサプライチェーンの再編や変化の激しい多様化するマーケットニーズに迅速に対応し、市場に対し他社に先んじていかに早く商品化し、開発完了と同時に製造・供給を行うことが勝ち抜くポイントとなります。

■本セミナーでは「デジタルで攻めるECM/SCM改革」と題し、持続性あるグローバルサプライチェーン体制の構築と、これを支えるデジタルを活用した開発×生産・供給スピードをいかに上げていくのかについて解説いたします。

■基調講演として「アフターコロナ時代のサプライチェーンと国内生産拠点の役割」と題し、東京大学大学院 教授  藤本 隆宏 氏より、新型コロナウイルスの感染拡大を「グローバル競争時代に勃発した見えないグローバル災害」と規定した時に製造系の企業はそのグローバル・サプライチェーンをどのように変化させていくべきか、日本企業のアジアでのサプライチェーン、特に日本―中国―アセアンの「三角形」のバランス修正の可能性についても含めながら、長期視点で、柔軟なグローバル・ローカル・サプライチェーンを構築する事の重要性についてご講演頂きます。

■レイヤーズ・コンサルティングからは、ECM/SCM改革の観点から2つのテーマで講演いたします。 

・設計開発領域では「ECM改革の必要性と実践的解決に向けて」と題して、生産を考慮した
手戻りのないコンカレント設計、仕様と機能と構造の組み合わせを活用した様々な製品バリエーションへの対応、CAEを活用した試作レスなどの施策いかに実現するかについて解説いたします。

・生産・調達領域では「デジタルで攻めるSCM改革」と題し、サプライヤーも含めた生産供給能力
および実績のリアルタイム把握、さらに計画策定から調達・物流・請求・支払といったサプライチェーン全体の全自動化について、豊富な事例を交えて解説いたします。

<レイヤーズ・コンサルティングでは、経済界のトップキーマンをお招きし、近視眼的・外形的なWithコロナではなく、先を見据えた大胆なBeyondコロナに向けた経営のあり方を緊急提言するオンラインセミナーをシリーズで開催いたします。>
「Beyondコロナ緊急提言セミナー」シリーズ

講演者プロフィール

  • 藤本 隆宏 氏

    東京大学大学院 経済学研究科 教授
    東大ものづくり経営研究センター長 

    東京大学経済学部卒業。三菱総合研究所を経て、ハーバード大学ビジネススクール博士課程修了(D.B.A.)。現在、東京大学大学院経済学研究科教授兼ものづくり経営研究センター長、独立行政法人経済産業研究所(RIETI)ファカルティフェロー、ならびにハーバード大学ビジネススクール上級研究員。自動車産業を中心とする製造業の実証研究の第一人者。「ものづくりからの復活」(日本経済新聞社)など執筆多数。

  • 杉野 尚志

    株式会社レイヤーズ・コンサルティング
    代表取締役CEO 公認会計士

    アーサーアンダーセン(現:アクセンチュア)を経て、1983年株式会社レイヤーズ・コンサルティングを設立。330名のコンサルティングスタッフを有する日本発のコンサルティング会社の代表取締役CEOとして現在に至る。
    上場企業に対し、コストダウン推進及びコストマネジメントシステム開発・導入、グローバル経営管理制度の構築・導入、会計システム構築、成長戦略構築、新規事業開発、業務改革、ITマネジメント等のコンサルティングを多数行う。

  • 善入 正志

    株式会社レイヤーズ・コンサルティング
    SCM事業部
    マネージングディレクター

    自動車メーカー、自動車部品メーカーなど製造業を中心に、設計段階でのQCDマネジメント/CADCAM/PDM・PLMシステム導入、製品開発プロセスの見える化/コンカレントエンジニアリング、製品開発のアーキテクチャ分析/モジュール化推進、製造IoTプラットフォーム構築などのコンサルティングを多数行う。

  • 村上 忠美

    株式会社レイヤーズ・コンサルティング
    SCM事業部
    マネージングディレクター

    シンクタンク・製造業に特化したコンサルティング会社を経て、現職。
    製造業を中心とした多くの企業に対して、業務改革・システム導入・組織変革・定着化まで改革を実現するプロジェクトを多数行う。SCM・グローバルコストマネジメントなどプロジェクト責任者としてプロジェクトマネジメント、ベンダーマネジメントの経験多数。

開催概要

開催日時 2020年10月13日(火) 15:00~16:45
会費 無料(事前登録制)
会場 オンラインでの聴講形式です。

【事前準備のお願い】
・本セミナーではWeb会議システム「Zoom」を利用いたします。
セミナーにお申込みをいただいた方には、「Zoom」の登録用URLをお送りいたしますので、オンラインセミナー開始までにお名前とメールアドレス(お申込み時と同じもの)を入力し、登録を行ってください。
登録が完了しますと、『参加用URLとパスワード』がZoomから発行されます。

・セミナー当日は、インターネットにつながる環境(PC、タブレット、スマートフォンなど)をご用意いただき、参加用URLをクリックし、画面を開いてセミナー開始のお時間までお待ちくださいませ。
お時間になりましたら、自動的に配信がスタートいたします。
対象 経営トップ、経営企画、設計開発、生産企画、生産管理、原価管理等の部門の方

(※コンサルティング会社等競合他社のお申し込みはご遠慮ください。)
主催 株式会社レイヤーズ・コンサルティング
お問い合わせ 株式会社レイヤーズ・コンサルティング   
セミナー事務局 担当:馬場、大友、松﨑
TEL:03-5791-1189
E-MAIL:seminar@layers.co.jp

タイムテーブル

15:00~15:05

オープニング/Beyondコロナ時代の新たなものづくりの方向性

株式会社レイヤーズ・コンサルティング
代表取締役CEO 公認会計士
杉野 尚志

15:05~15:55

基調講演/アフターコロナ時代のサプライチェーンと国内生産拠点の役割

■グローバル・サプライチェーンをどの様に変化させるべきか?

■サプライチェーンの競争力と頑強性が重要

■長期的な視点で柔軟なSCMの構築を目指す

■日本の優良国内拠点の重要性が世界で高まってくる

東京大学大学院 経済学研究科 教授
東大ものづくり経営研究 センター長
藤本 隆宏 氏

15:55~16:15

 講演Ⅰ/ECM改革の必要性と実践的解決に向けて

■製造業における重要なデジタル技術

■ECM改革の必要性

■ECM改革が進まないのはなぜか?

■ECM改革を推進するための重要施策

株式会社レイヤーズ・コンサルティング
SCM事業部 マネージングディレクター
善入 正志

16:15~16:35

講演Ⅱ/デジタルで攻めるSCM改革

■コロナ時代に求められる生産・供給の倍速化

■生産・供給の倍速化を可能にするデジタルものづくり

■デジタルでの倍速化を支える、情報基盤のありかた

株式会社レイヤーズ・コンサルティング
SCM事業部 マネージングディレクター
村上 忠美   

16:35~16:45

質疑応答

※講演順・講演タイトルは変更になる場合がございます。

当サイトでは、お客様により良いサービスを提供するため、クッキーを利用しています。当サイトをご利用いただく際には、当社のクッキーの利用について同意いただいたものとみなします。当社の使用するクッキーや、クッキーの削除またはブロックの方法については、プライバシーポリシーをご確認ください。