layers consulting

layers consulting

layers consulting

キャッシュフロー経営・CCC


主要実績へ

キャッシュフロー経営・CCCの重要性の高まり

コーポレートガバナンス・コードの議論など、日本企業の持続的価値向上にむけ、キャッシュフロー・資本効率を重視した経営の重要性が近年あらためて高まっている。

ROE・ROICをグループ経営の中核指標として掲げ、その中期目標達成に向け、グループ全体での事業・SBU(Strategic Business unit)ポートフォリオマネジメントを行う基盤として、SBU別ROIC・CF等の管理会計制度の刷新・整備に取組む企業も増えている。

CCC改善の全社的推進

ROE・ROIC経営において、「現場の活動に繋がる重点取組課題」としてCCC(キャッシュ・コンバージョン・サイクル)改善を全社的に推進する企業が増えている。
PL中心経営からB/S・C/F重視経営へのシフトは容易ではなく、CFO組織が、購買・生産・営業部門を横串で先導し、現場従業員の意識・行動変革をやりきって成し得るものである。

「CCC重視経営」の実践ポイント

①全社目標の達成に向けて、SBU別部門別の売上債権・在庫・買掛債務回転日数を算出し、重点領域を選定。

②CFOをリーダーとしたプロジェクト体制を構築。

(月次CCC会議、 CFO直下のタスクフォース 等)

重点領域における現場のマインド・CCCの理解度等も考慮して、

タスクフォースが「滞留」の分析、改善ポテンシャルの計数化支援や施策立案・実行を支援する。

成功事例をもとに分析・改善の「型」を作り、水平展開を行って面の活動へと拡大を図る。

主要実績

当サイトでは、お客様により良いサービスを提供するため、クッキーを利用しています。当サイトをご利用いただく際には、当社のクッキーの利用について同意いただいたものとみなします。当社の使用するクッキーや、クッキーの削除またはブロックの方法については、プライバシーポリシーをご確認ください。