layers consulting

layers consulting

layers consulting

モジュラーデザイン


主要実績へ

モジュラーデザインの必要性

製造業の抱える課題を解決するためには、モジュール化・標準化を促進し、モジュール化されたユニットのバリエーションをできるだけ減らしつつ、組合せで多種多様な製品ラインナップを実現する必要がある。

何を標準化してモジュール化を推進するか

標準化を成功させるには、効果と難易度から標準化する『粒度』と『レベル』を見極める必要がある。

対象範囲を特定する

標準化の対象範囲(共用性、互換性)は、そのメリット、デメリットを判断し、方針を決定する必要がある。

製品構成のどこをコアにし、どこを外出しするか峻別

要求と仕様の関連が整理されていないと軽微な変更が生じても影響範囲が大きくなってしまう。顧客要求の分析と性能・仕様との関連性を明確化し、機能の組合せで製品の多様性に対応できる仕掛けを構築すれば、要求と仕様の粒度をコントロールする事で、コスト削減ができる。また、機能の優位性、自社のコア技術を明確にする事で調達方針を決める事が出来る。

コア機能は自社内技術として、他社にまねが出来ない技術領域を磨いていく。コア機能はアップデートが可能なモジュールとし、コア機能のアップデートによる顧客満足度の向上及び自社内に高付加価値をもたらす戦略的領域として位置付ける。

アーキテクチャ分析の活用概要

製品アーキテクチャを形成する内外の要因や要素をもとにアーキテクチャ分析を行い競争優位なビジネスモデル形成を目指す。

製品構成(モジュール構成)の細分化・見直し
~製品アーキテクチャ分析手法

仕様と性能等の2次元パラーメータ間の相互の依存関係をマトリックスに表示する。
依存関係をインターフェーススコア(質的な複雑性)とマトリックススコア(量的な複雑性)に応じてポートフォリオにマッピングを実施し、影響度と重要度を見極めながら、モジュールの依存性が無くなるような仕様・性能マトリックスを再構成していく。

主要実績

当サイトでは、お客様により良いサービスを提供するため、クッキーを利用しています。当サイトをご利用いただく際には、当社のクッキーの利用について同意いただいたものとみなします。当社の使用するクッキーや、クッキーの削除またはブロックの方法については、プライバシーポリシーをご確認ください。