layers consulting

layers consulting

layers consulting

内部統制強化


主要実績へ

内部統制強化の背景

経営のグループ・グローバル化の進展、M&Aの増加に伴い、内部統制機能が脆弱な会社をグループ内に多数抱える事業会社が最近増加している。

また、親会社のIFRS導入に関連し、グループ全体で決算期の統一、決算日程の短縮、業務・会計処理の変更への取組を予定されているケースが増加している。

これらに対応し、内部統制のグループ浸透、更なる強化の要望が高まってる。

M&Aした子会社の内部統制強化のポイント

M&Aによって、新たにグループ配下となった会社の内部統制が脆弱の場合、上場会社の子会社として求められる内部統制レベルまで強化する必要がある。

内部統制強化は、当該会社の重要性を考慮し、段階的に内部統制レベルの向上を図ることが重要。

RPAの活用による内部統制活動の効率化

J-SOX構築時に人手対応とせざるを得なかった統制業務(マニュアルコントロール)が現在も残っていることが多い。

これらは、RPAを活用しての自動化(IT業務処理統制化)を図り、統制機能は維持しつつ、業務負担を軽減することが重要。

RPAにより廃止(ITAC化)できるコントロール

主要実績

当サイトでは、お客様により良いサービスを提供するため、クッキーを利用しています。当サイトをご利用いただく際には、当社のクッキーの利用について同意いただいたものとみなします。当社の使用するクッキーや、クッキーの削除またはブロックの方法については、プライバシーポリシーをご確認ください。