layers consulting

layers consulting

layers consulting

原価管理


主要実績へ

改革の必要性

市場環境が想定以上の速さで変化し、顧客やマーケットの多様化と技術革新に対応しながら、新興国・新興企業とグローバルレベルでの競争を強いられる中、“世界にコストで勝つ”ためには、個々の工場現場頼みの「カイゼン」だけではなく、 グローバルで戦えるコスト水準を作り込み、リアルタイムでコストを視える化し、世界中の 全ての拠点で競争に負けない原価管理の仕組みを構築し、活用することが重要である。

実現する上でのポイント

世界にコストで勝つためには、グローバルで統一された生産の実態を正確に反映した台当たり(製品別)実際原価が必須である。

グローバル統一基準の設定

標準原価ではなく、実際原価

台当たり原価は「製造実態をストレートに反映した原価」であることが重要。
⇒  製造活動により日々変化する原単位情報を、ダイレクトに製品/工程に紐づけ、タイムリーに計算した原価。

改革アプローチ

原価管理強化の目的(トップダウン)や各部門の活用局面(ボトムアップ)をもとにしたニーズに対し、現状調査にもとづく実態・問題点を検証した上で、“原価管理の姿” を定義する。
 
“目指すべき原価管理の姿”の実現に向けた活動計画(システム化実現方針含む)を策定する。

主要実績

当サイトでは、お客様により良いサービスを提供するため、クッキーを利用しています。当サイトをご利用いただく際には、当社のクッキーの利用について同意いただいたものとみなします。当社の使用するクッキーや、クッキーの削除またはブロックの方法については、プライバシーポリシーをご確認ください。