layers consulting

layers consulting

layers consulting

営業業務改革


主要実績へ

日本企業の営業部門はなぜ生産性が低いのか?

業界全体の成熟化、顧客ニーズの複雑化や多様化が進む中、営業業務の中に多くの非効率が生まれ、多くの日本の営業部門は生産性を低下させています。

今後求められる営業業務改革の方向性

仕事や業務の思想を、根底から変える

思想を転換するような、業務・仕組み・体制の変革を図る

デジタルトランスフォーメーションが、販売領域の生産性向上につながる

マルチチャネル化による顧客価値向上と効率化

初期対応に営業リソースを充当し多くの商談をさばきながら、 デジタルチャネルを活用し製品選定・⾒積作成を効率化

B toB業態におけるマルチチャネル・プラットフォーム

チャネルごとの製品・価格・仕様などの違いを切り分け、全体として効率的なオペレーションチェーンを構築

営業間接業務を7つの視点から業務仕分

複雑化・分散化した営業間接業務を、7つの視点から問い直し、効率化を推進します。

7つの視点に基づく効率化の打ち手の適用

7つの「効率化」方法に基づいて、各業務に対し効果の大きな施策、かつ即効性のある施策から検討します。

主要実績

当サイトでは、お客様により良いサービスを提供するため、クッキーを利用しています。当サイトをご利用いただく際には、当社のクッキーの利用について同意いただいたものとみなします。当社の使用するクッキーや、クッキーの削除またはブロックの方法については、プライバシーポリシーをご確認ください。