layers consulting

layers consulting

layers consulting

投資管理


主要実績へ

投資管理の必要性

事業構造の変革やビジネスモデルの変革に伴って、従来以上に不確実かつ大型の投資案件が増えており、また、投資後の減損等企業業績に対するインパクトも非常に大きくなっている。

従って、それぞれの投資案件に対するリスクを回避しながら、大胆な投資判断を進めるためには、より体系的かつ組織的な投資管理を実現することが重要。

投資管理の実現上のポイント

投資管理においては、投資に関して「誰が」「どのタイミングで」「何を」「どのように」見る(監視する)べきなのかを制度化し、組織として統制を図っていくことが必要。

投資管理の全体フレームワーク

投資管理の全体フレームワーク

投資マネジメント方針をどうするのか

投資マネジメント方針として、投資種別にあわせて、「どの部門が」「何を」「どのように」管理していくかを決定することが重要。

投資枠管理をどのように決めるのか

企業・事業価値を極大化するよう積極的に投資を行っていくために、全社として『どれくらい投資が可能か』というガイドライン(枠)を常に検討し、その枠内で最適な投資ミックスを行うことが重要。

•担保余力方式  : 土地、株式等の担保余力から算出
•インタレストカバレッジレシオ方式  : 現状の利益で支払える利息から逆に借入可能総額を算出
•資産利益率、ROI方式  : 目標利益率を超えるものすべての投資を合算して算出
•ALM方式  : 投資の特性に応じた調達源泉を対応させて算出
•投資耐応力方式     : 中核事業のFCFと中核事業以外の売却価値等から算出

減損の兆候を如何につかむか

投資した事業が不調に陥ったり、経済環境が悪化することで、投資にかけた金額以上の損失が生じるケースがある。

また、好調から不調に落ち込むときにはあっという間に業績が悪くなる。従って、投資に対する減損の兆候を常につかむため「減損委員会」等を制度化していくことが重要。

主要実績

当サイトでは、お客様により良いサービスを提供するため、クッキーを利用しています。当サイトをご利用いただく際には、当社のクッキーの利用について同意いただいたものとみなします。当社の使用するクッキーや、クッキーの削除またはブロックの方法については、プライバシーポリシーをご確認ください。