layers consulting

layers consulting

layers consulting

経理業務改革


主要実績へ

経理業務改革の背景

経営のグループ化グローバル化の進展、IFRS導入・新収益認識基準対応、ビジネス環境のデジタル化等、経理機能・業務を取り巻く要因が大きく変化、複雑化してきている。
また、2000年前後での会計ビッグバンを契機とした会計システム構築ブームから20年程経過し、会計システムが老朽化している企業も多い。
これらを受け、グループでの経理システム再構築を含む新たな経理業務改革の推進・実現が求められている。

経理業務改革の実現上のポイント

経理業務改革の実現においては、単に業務の改革にとどまらず、経理部門の組織改革、最新IT技術の積極的活用も含めたあるべき姿を描き、その実現に向けたアプローチまでも含む検討・準備・実施を行うことが重要。

 

  • 経理部門ミッション、あるべき姿の再定義
  • グループ経理ガバナンスの設計・構築
  • リスク管理としてのデータガバナンスの強化
  • 経理業務の効率化・早期化
  • 経理業務の集約化・SSC化
  • 経理業務改革におけるデジタルテクノロジーの積極活用

経理部門としてのあるべき姿の明確化

経理業務改革の実現においては、企業のミッション、ビジョンを達成するための経理部門としてのミッション、ビジョン、あるべき姿(To-Be) を明確化することが重要。

グループ経理ガバナンスの設計・構築

グローバル展開、M&A等によりグループ子会社が増加し、グループ各社に対するガバナンスの強化が求められている。

しかし、経理部門でも、連結情報の収集はできていても、各社経理部門を実質的に統制できている企業は多くない。

グループ経理ガバナンスとして日本企業に求められるのは、各経理機能毎の強力な横串管理による各社の統制である。

即ち、グローバル本社CFOの下に各経理機能毎の「機能統括責任者」を置き、各極・地域会社を横串で管理することが重要。

リスク管理としてのデータガバナンスの強化

各国に散在する子会社のリスクを管理するためには、子会社の全取引明細情報を一元的に把握し、業績&リスクをトップ・CFO自らが監視し、適時・的確な対応を実現するガバナンスの仕組みを会計システムの再構築と同時に実現することが重要。

→デジタル管理会計を実現するための前提条件

経理業務の効率化・決算早期化

経理業務の効率化・決算早期化のためには、以下の4ポイントに注力して解決施策を検討・決定することが重要。

経理業務の集約化・SSC化

経理業務改革をグループ・グローバルで展開するためには、集約化業務の抽出、アウトソーシング・SSC化の検討・実行が重要。

経理業務改革におけるデジタルテクノロジーの積極活用

経理業務改革においても、デジタルテクノロジーを積極的に活用していくことが重要。

主要実績

当サイトでは、お客様により良いサービスを提供するため、クッキーを利用しています。当サイトをご利用いただく際には、当社のクッキーの利用について同意いただいたものとみなします。当社の使用するクッキーや、クッキーの削除またはブロックの方法については、プライバシーポリシーをご確認ください。