layers consulting

layers consulting

layers consulting

製品開発プロセス改革・PLM


主要実績へ

製品開発プロセス改革の必要性

製品開発は、個人の知見に頼ったプロセスになっているケースが多いが、グローバルで開発生産を行う場合、プロセスを個人に依存するのではなく全社の共通化・標準化が必要。
特に、すべての土台となる品質保証体系、開発成果物管理の整備と高度化が必要となる。

主な想定課題と方向性

改革アプローチ

ICT技術の進展により、「開発から上市までの開発生産準備業務」(エンジニアリング・チェーン)で生成されるデジタルデータ(3Dデータ、E-BOM、実験データ、不具合情報、M-BOM、設備、作業情報 等)を連携・一元管理する事が可能となり、「一気通貫ものづくり」が実現されてきている。

主要実績

当サイトでは、お客様により良いサービスを提供するため、クッキーを利用しています。当サイトをご利用いただく際には、当社のクッキーの利用について同意いただいたものとみなします。当社の使用するクッキーや、クッキーの削除またはブロックの方法については、プライバシーポリシーをご確認ください。