layers consulting

layers consulting

layers consulting

IT戦略/デジタル戦略


主要実績へ

日本企業を取り巻く経営環境の変化

デジタル技術の飛躍的な進化と拡がりにより、日本企業を取り巻く経営環境は大きく変わりつつある。

 

デジタルネイティブかつ破壊的な競合相手の台頭
新しい競合相手は生まれながらにして高度なデジタル技術を身に付け、それらを前提としたまったく新しいルールでの競争をしかけきており、従来のビジネスのやり方を根底から覆す力を持っている。

 

デジタルネイティブ化していく消費者
顧客である消費者もデジタル技術と融合した生活様式へと移りつつある。その拡がり、変化のスピードは、これまで日本企業が体験してきたものとは比較にならないものといえる。

 

デジタルプラットフォームへの急速な移行
フィンテック、EC、SNSなど、経済活動や生活の基盤が、デジタルプラットフォーム上へと急速に移行しつつある。(図1参照)

図1

図1

日本企業の課題

デジタル変革の視点では、日本企業は4つの重要な課題に直面している。多くの企業が過去のアナログ時代のビジネスプロセスや組織を維持し続けており、システム資産は進化を妨げる負の遺産となりつつある。変革の方向を指し示すビジョンと実行プランも欠如し、それらを推し進めていくべき人材も圧倒的に不足している。(図2参照)

図2

図2

デジタル戦略の考え方

デジタル戦略は、単なる最新技術ツールを当てはめるためだけの導入計画ではない。急速に進化、デジタル化する経営環境に臨んで、どのような価値、体験を顧客に提供したいかというビジョンに基づき、資源配分、注力の優先順位をあらためて決めなおすことが求められている。

最新のデジタルソリューションに関する知見や洞察、ユーザに対する理解、従来のビジネスプロセスやシステムの理解と将来に渡っての利活用、新たなソリューションとの連携等を盛り込んだうえ、中期経営計画との整合、補完も図る必要がある。(図3参照)

図3

図3

レイヤーズのデジタル戦略コンサルティング

弊社のデジタル戦略コンサルティングのアプローチは3つのフェーズで構成されている。最初のフェーズは事業や組織、ビジネスプロセスのデジタル変革のビジョンを受けての変革テーマの設定である。同業種・異業種の多様なケースや知見をもとに、ビジョンの実現、成果に直結するテーマを具体的に選び出すものである。

続いてのフェーズではデジタル戦略のビッグピクチャー、全体構想を描く。新たに適用していくべきデジタルソリューション、現行IT資産の利活用やモダナイゼーション、ならびにそれらの連携や融合をデザインする。3番目のフェーズは実行支援であるが、レイヤーズでは単にシステム導入の支援だけでなく、組織がデジタル変革を進めていく過程で必要となる様々な活動を支援している。

特定のベンダーや製品に縛られることなく、豊富なコンサルティング、実務経験を有するコンサルタントチームが長期に渡り、貴社CDO/CIOの片腕として変革を支援、推進する。(図4参照)

図4

図4

主要実績

当サイトでは、お客様により良いサービスを提供するため、クッキーを利用しています。当サイトをご利用いただく際には、当社のクッキーの利用について同意いただいたものとみなします。当社の使用するクッキーや、クッキーの削除またはブロックの方法については、プライバシーポリシーをご確認ください。