layers consulting

layers consulting

layers consulting

KPI管理


主要実績へ

指標設定の重要視点

KPI管理においては、ビジョン・中期戦略を達成するKGIと、それに基づくKPIのストラクチャを設定することが重要。

指標設定の重要視点

現在どの企業でもKPI管理を実施し、PDCAをまわしているが、大きな効果が出ている企業は少ない。これは様々な要因はあるが、多くはKGI・KPIといった指標の定義が不明確であることや、因果関係が不明確なまま設定されていることが多いことに因る。

KGIとKPIの関係の明確化

成果目標としてのKGIと、施策・プロセス目標としてのKPIを設定する。その為には、具体的アクションプランまで落としこむ

利益達成とのトレードオフを考慮

利益達成と連動したKPIと、目標達成の為の現場での行動KPIとは、相反することがある。

ゴールとなるKGIを利益などの財務的側面のみで設定するのではなく、ブランド価値向上、顧客満足度向上、安全性向上等についても設定し、それぞれのKGIについてKPIにブレイクダウンする。

KGI→KPIの連鎖、KPI改善→KGI達成シナリオ検証

KPI改善→KGI達成のシミュレーションを繰り返し、KGIの実現に向けて改善可能かつ改善インパクトが大きく、KGIと大きく連動するものを設定する。

CAP-Do Proactive Management

必要な粒度・タイミングで収集された実績情報・計画情報・先行予測情報を用いて、各階層のマネジメント(トップ・ミドル・ロワー)が迅速な意思決定とアクションを行うフレームワーク

CAP-Do Proactive Management メリット

現場・現実・現物が重要視される日本企業においては、プランニング有りきの改善ではなく、まずCAP-Doによって、そこにある問題点を見える化することで改善・改革のスピードを挙げることが重要。

また、CAP-Doによる目先の改善だけにならぬようProactiveで横串を指しシミュレーションを繰り返し先行管理を同時に実施することで、全体整合を取った改革が可能となる。

主要実績

当サイトでは、お客様により良いサービスを提供するため、クッキーを利用しています。当サイトをご利用いただく際には、当社のクッキーの利用について同意いただいたものとみなします。当社の使用するクッキーや、クッキーの削除またはブロックの方法については、プライバシーポリシーをご確認ください。