layers consulting

layers consulting

layers consulting

SAP/ERP


主要実績へ

取り組みの背景

SAP社は、主力のERPソリューションの第4世代として、インメモリーデータベース「SAP HANA」を標準プラットフォームとしたS/4 HANAをリリースした。図1

グローバル企業各社でS/4 HANAの導入が急速に進んでおり、日本では大手・中堅企業を問わずプロジェクトが立ち上がってきている。

図1

SAP S/4は従来のECCからデータベース、構造が大きく変化、クラウドでの利用を中心とした活用にシフトしている。

図1

企業の持つ課題

日本企業におけるSAP導入は、従来の仕事のやり方を維持するべく、多くのアドオンプログラムを開発してきた。業務を変えない代償は、膨大な開発コストという形で、跳ね返ってきている。
その割には、各人の個別管理は残っており、ERPによるリアルタイムな実態把握と全体最適は実現されていない。

実現に向けたアプローチ

システム機能設計の前に、現状業務の徹底的な洗い出し、業務の標準化等の業務改革・業務整理を実施する。図2図3

業務を標準化することで、標準機能の活用が促進され、不要なアドオン開発が避けられる。競争の源泉にならない業務には金を掛けない。(現場が求める便利機能を安易にアドオンしない)これが、開発費の増大防止、スケジュール遵守に繋がる。

図2

図2

図3

システムにFitしない業務について、安易にアドオン開発するのではなく、業務改革を主軸にして、業務をシステムに合わせる。

図3

成功にむけたポイント

ポイントは2つ。
①予算を確保し、コアメンバを集める。そのためにもERP導入の目的を明確にし、経営・現場にコミットする。
②システム開発の前に業務改革・業務整理を徹底的に行う。特に現行システムが手組みの場合、業務が属人化して見えにくいことが多い。図5

図5

きちんと動くシステムを構築するにはプロセスの網羅性を確保することが必須。

図5

レイヤーズの特徴

当社はSAP導入・更改自体を目的とするのではなく、SAP導入を通じて、リアルタイム経営・マトリクス経営等の経営革新を実現したい。
また、導入に際しては、システム開発コストの最適化を図るべく、要件定義から設計・開発、全体管理まで一気通貫で支援する。

SAPとのパートナーシップ詳細

主要実績

当サイトでは、お客様により良いサービスを提供するため、クッキーを利用しています。当サイトをご利用いただく際には、当社のクッキーの利用について同意いただいたものとみなします。当社の使用するクッキーや、クッキーの削除またはブロックの方法については、プライバシーポリシーをご確認ください。