layers consulting

layers consulting

layers consulting

トップメッセージ


  • 代表取締役会長

    秋田 芳樹

  • 代表取締役CEO

    杉野 尚志

  • 代表取締役COO

    中防 保

代表取締役CEO

杉野 尚志

大阪府出身。灘高等学校卒業。早稲田大学理工学部工業経営学科卒業。公認会計士。 アーサーアンダーセン&カンパニー システムコンサルティング部門(現アクセンチュア株式会社)を経て株式会社レイヤーズ・コンサルティングを設立。

レイヤーズ・コンサルティングの使命

レイヤーズ・コンサルティングの使命は、「戦う創造集団」です。イノベーションが起こらない組織は衰退し、戦って負ける組織も滅亡します。我々は、自らが戦う創造集団として、お客様が激しい環境変化の中で勝ち残るためのパワーエンジンとして、お客様に対してご支援申し上げたいと考えております。

創造を実現するには、オープンイノベーションが重要と考えます。今まで培ったネットワーク、400社600プロジェクトの経験を駆使して、お客様がイノベーションを起こすために一番重要なオープンイノベーション及び他社との協業を強力に推し進めたいと思っております。

また、社内常識、業界常識の破壊が重要と考えております。企業変革には必ず大きな抵抗勢力が発生します。我々は抵抗勢力と戦いながら、新しいものを創造する「破壊的創造」を実現します。

レイヤーズ・コンサルティングのコンサルティング方針

・熱き想いと冷徹な計算
公認会計士が母体になって創業した会社ですが、会計業務・監査業務は行わず、新しいこと・新しい価値を生み出すことに注力したいという熱き思いが非常に重要だと考えています。熱き想いと冷徹な計算、この二つを同時に達成します。

・実行主義
コンサルティングはペーパーワークで終わることが多いですが、我々は営業の現場、生産の現場、開発の現場などの現場・現物・現実の三現主義に基づき、泥臭く、現場に密着した形でコンサルティングを行います。

・ミドルアップミドルダウン。
日本企業の強みはミドルマネジメントです。日本企業はミドルが腹落ち・納得しないと実行されません。我々はミドルと腹落ちするまで議論を行い、納得した形での施策の実行を実現します。

・ロングリレーションシップ
日本発のコンサルティング会社として、お客様との長いお付き合いを目指しております。
ホームドクターならぬホームコンサルとして長きに渡りお客様の成長をご支援させて頂きます。

日本企業における変革の必要性

日本の生産性は、アメリカとドイツに比べて著しく低い状況にあります。一人当たりGDPはアメリカは日本の1.5倍、ドイツは日本の1.25倍です。しかし日本の年間労働時間はドイツ、アメリカに比べて長く、 特にドイツは日本に比べ、年間労働時間が45日分(1.5か月)少ない状況です。日本は長い労働時間で低いGDPであり、これは由々しき大きな問題であると思います。
このままいけば、日本は働けど働けど暮らしが楽にならない国になってしまうと考えております。

デジタルトランスフォーメーションによる生産性向上

デジタルトランスフォーメーション(デジタル変革)による生産性の向上を図るべきだと考えます。
デジタルトランスフォーメーションとは二つの側面を持っています。
一つはビジネスモデル改革と、もう一つはデジタル技術を駆使した超効率経営です。

ビジネスモデル改革の方向性として、私どもは「ぶっ飛んだ事業戦略」を訴えています。今までの時間、場所、サービスに捉われない発想が必要です。
超効率経営では、デジタル技術の活用により、30%程度の効率化に留まらず、2倍、3倍の効率化を実現します。
我々はデジタル技術、ビジネスモデルの新しい形を武器に、お客様のデジタルトランスフォーメーションの変革に対してお役に立ちたいと考えております。

私どもはコツコツ粘り強く、新しい技術も使いながら現場に密着して、実行力のあるコンサルティングを行って参ります。是非、皆様今後ともよろしくお願い申し上げます。
代表取締役会長

秋田 芳樹

兵庫県出身。兵庫県立社高等学校卒業。関西学院大学商学部卒業。公認会計士。
元朝日監査法人(現あずさ監査法人)代表社員
元アーサーアンダーセン インターナショナルパートナー
元朝日アーサーアンダーセン株式会社代表取締役社長兼CEO
元KPMGコンサルティング株式会社(ベリングポイント株式会社)代表取締役社長

グローバルスタンダードの変化

2050年にはGDP第1位は中国、日本は5位と言われており、グローバルスタンダードも変化してきております。
グローバルスタンダードのオピニオンリーダーの一員になる為には日本経済は強くないといけません。レイヤーズ・コンサルティングは日本企業を強くし、日本を強くし、そして世界経済に貢献したいと考えています。

レイヤーズ・コンサルティングの4つの特徴


・日本発のコンサルティングファーム
これから2050年に向かって、グローバルスタンダードの一員として「和をもって貴しとなす」「三方よし」「先義後利」といった古くから日本で培われた文化を発信しなければならないと思います。そのためには、そういった日本の心を理解しているコンサルティングファームが必要です。

・資本と経営の一致
私の経歴からも、上場して資本が分散すると、他の資本の意見を取り入れてビジョン・ミッションを変更せざるを得ないという状況に陥りがちです。私共の資本は私共が持ち、お客様を第一に考えた行動を実践します。

・非上場
コンサルティング会社が上場して短期的思考に陥るのは、良くないと思っております。我々は中長期的視点で、クライアント企業の企業価値向上に向けたコンサルティングを行います。

・ITありきではない
まずは会社の課題を解決することが第一であり、ITはあくまでもその手段であると考えます。そのため私共は、自らITベンダーになるようなコンサルティングファームにはなってはいけないと思っております。また、経営安定を目的とし、クライアントの利益を損なうITありきのコンサルティングは行いません。


レイヤーズ・コンサルティングは4つの特徴をもって日本企業を強くするお手伝いをさせていただき、日本経済を強くし、ひいては世界経済に貢献したいと思っています。
代表取締役COO

中防 保

東京都出身。私立武蔵高等学校卒業。中央大学商学部会計学科卒業。公認会計士。 昭和監査法人(現新日本監査法人)にて上場企業の監査業務に従事したのち株式会社レイヤーズ・コンサルティングを設立。

コンサルティングの進め方

・ビジョン、ミッションの明確化
我々はお客様のイノベーションを推進するために、お客様のビジョン、ミッションというものをベースにまずビックピクチャーを描きます。
・共振
我々が重視しているのは、お客様と喧々諤々な議論を進めて納得してもらい、腹落ちしてもらうことです。そのためにお客様と一緒に価値観・ビッグピクチャーを共有しながら進めます。
・計数
全ての企業の企業価値、事業価値、ステークホルダーからの評価は、あくまでも計数で評価されます。我々はビックピクチャーや戦略について、計数で科学し、計数で戦略を立案します。
・実行
お客様に買っていただくのは戦略×実行の効果です。
いくら立派な戦略を立てても実行されなければ効果はゼロです。現場、現物、現実という三現主義を持ってとことん実行する。これが我々のコンサルティングの進め方です。


我々は今、デジタルトランスフォーメーションの推進役として様々なところに対してコンサルティングを行っていますが、デジタルトランスフォーメーションで何を実現するのか良く分からない、どうしたらいいか分からない、という声をよく聞きます。

これに対して、我々はまずお客様自身のビジョン、ミッション、これに基づいたビッグピクチャーを描くということをまず示します。
続いて、単にto be だけを追求するのではなく、お客様の can be、 目指すべき姿というものを共振という形で描きます。
さらに、デジタルトランスフォーメーションによって、どんな事業価値を生むのか、経営にどんな意味があるかを計数で科学します。
最後に実行として、様々なデジタルテクノロジー、様々なベンダーからお客様にベストなソリューションを提供します。


賢人倶楽部

我々のコンサルティングサービスにおけるイノベーションのナレッジとして、 「CFO賢人倶楽部」「事業開発・デジタルマーケティング賢人倶楽部」「ものづくり賢人倶楽部」「CHRO賢人倶楽部」があります。

CEOを支えるCFO、CSO、CPO、CHROの方々に対し、知識・意識・スキルの向上を目的として、「学ぶ」「交流する」「創る」「発信する」という4つの考え方で運営しています。

ある企業・業界にとっての常識は、ほかにとっては非常識、ということもあるでしょう。イノベーションの時代において、この業種・業界を超えたところにこそ、イノベーションのヒントがあると考えています。
賢人倶楽部の意見交換、事例交換、最新事例を通し、議論を重ねることによって、日本企業の発展につながると思われます。

当サイトでは、お客様により良いサービスを提供するため、クッキーを利用しています。当サイトをご利用いただく際には、当社のクッキーの利用について同意いただいたものとみなします。当社の使用するクッキーや、クッキーの削除またはブロックの方法については、プライバシーポリシーをご確認ください。