ALM(アプリケーションライフサイクル管理)

ALMとは、Application Lifecycle Managementの略です。製品のアプリケーションが形成され、その寿命が終わるまでのライフサイクルを管理することを指します。
WP29(GRVA)が策定するソフトウェアアップデート法規基準の要請が今後、自動車業界以外の製造業に対しても適用される可能性を踏まえると、ソフトウェア設計の各段階における成果物の適切な管理及び、製品に組み込まれ、顧客へ納入された後のソフトウェアアップデートの適切性を担保する仕組み・機能が求められます。