layers consulting

layers consulting

ビジネス用語集

分類から探す

  • 財務・経理
  • 経営・戦略
  • 人事
  • マーケティング
  • SCM
  • DX
  • 全て

頭文字から探す

  • あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行
  • わ行
  • アルファベット・その他
  • 全て

イノベーション経営・戦略

イノベーションとは、商品やサービス、オペレーション、組織・体制、ビジネスモデルに対して、新たな考え方や技術によって変革を起こすことであり、社会的・経済的に新たな価値を生み出す...

インサイドセールスマーケティング

インサイドセールスとは、マーケティングや営業における機能の1つであり、電話やメール、SNSなど非対面形式での顧客とのコミュニケーションを指します。 逆に、顧客を直...

営業改革経営・戦略マーケティング

営業改革とは自社の業績向上のために営業部門の在り方を見直し、営業体制・組織を変更することです。 企業は常に外部環境の変化に柔軟に対応し、組織の体制や構造を変えるこ...

エンゲージメント人事

エンゲージメントとは、顧客や社の抱く会社に対する「愛着」や「思い入れ」を指します。エンゲージメントが高まることで、顧客の購買意識や社員のモチベーション・会社への定着率が高まり...

エンジニアリングチェーンマネジメント/ECMSCM

エンジニアリングチェーンマネジメントとは、商品開発にかかわる各部門(企画・設計・生産準備・調達など)の各プロセス・部門間の情報を最適なタイミングで共有し課題の確認と解決策の検...

ABM(アカウント ベースド マーケティング)マーケティング

ABMとは、アカウント・ベースド・マーケテイング(Account Based Marketing)の略であり、BtoB企業のマーケティング手法の一つです。ABMでは、企業にとって重...

ERP経営・戦略DX

 ERPとは情報の一元管理を図るためのシステムのことで、企業内の莫大なデータを一か所に集めて管理することが可能です。すでに多くの企業に導入されているERPですが、このコロナ禍におい...

ESG(イーエスジー)経営・戦略

ESGとは、Environment(環境)・Social(社会)・Governance(ガバナンス)の頭文字を取った造語です。2006年に国連が提唱した責任投資原則(PRI)...

ITガバナンスDX

経済産業省のシステム管理基準(骨子)では、ITガバナンスを「経営陣がステークホルダーのニーズに基づき、組織の価値を高めるために実践する行動であり、情報システムのあるべき姿を示...

ITSS(ITスキル標準)DX

 ITSS(IT Skill Standard)とは「ITスキル標準」とも呼ばれるIPA(経済産業省)が策定したIT人財に対するスキル体系(指標)のことです。このような指標を...

ITの超スピード導入DX

 内部・外部の著しい環境変化、更にはDXによるITの進化、革新的利用が進む中、従来型の高機能・大規模システムを長期間かけて導入することよりも、短期間に所定の成果を出し事業、更...

ISO 30414人事

ISO 30414とは、国際標準化機構(ISO)が2018年12月に発表した、人的資本情報開示に関する初の国際標準ガイドラインです。11の大項目、58のメトリクスで構成されて...

OPE(オペレーショナル・エクセレンス)人事

OPEとは、オペレーショナル・エクセレンス(Operational Excellence)の略で、オペレーションの効果・効率を高めることで競争優位性を獲得することです。オペレ...

OODA(ウーダ)経営・戦略

OODA(ウーダ)とは、意思決定に関する考え方のことであり、Observe(観察)・Orient(状況判断)・Decide(意志決定)・Act(実行)の頭文字を取った造語です...

RE100経営・戦略

RE100とは、使用電力を100%再生可能エネルギーで賄うことを目標として、企業が加盟する国際的なイニシアティブ(取組みの枠組み)です。 加盟企業は、将来的に事業...

ROE(アールオーイー)財務・経理

ROE(自己資本利益率)とは、Return on Equityの略称で、企業の自己資本(純資産)に対する利益の割合を表す財務指標です。以前は、株主の投資額に対して利益をどれだ...

ROIC(アールオーアイシー)財務・経理

ROIC(投下資本利益率)とは、Return on Invested Capitalの略称で、調達した資本を事業に投下してどれだけ効率よく税引後営業利益(または、みなし税引後...

SAPDX

 SAPとは、1972年にドイツで設立されたソフトウェア会社です。正式名称は「SAP SE」です。ガートナー社が発表した「Market Share Analysis: Sup...

SDGs(エスディージーズ)経営・戦略

SDGsとは、「Sustainable Development Goals」の略称で、2015年に開催された国連持続可能な開発サミットにおいて、加盟国の全会一致で採択された「...

xR(エックスアール)DX

xR(Extended Reality)とはVR(Virtual Reality)、AR(Augmented Reality)、MR(Mixed Reality)などの画像処...

会計不正財務・経理

会計不正とは、財務諸表の利用者を欺くために、財務諸表に意図的な虚偽表示を行ったり、必要な開示を行わなかったりすることです。具体的な例として、売り上げの架空計上や費用の不計上、...

カスタマー・エンゲージメントマーケティング

カスタマー・エンゲージメントとは、企業が顧客と、より深く且つ継続的な関係(エンゲージメント)を構築していくという概念・考え方を表す用語です。 なお、顧客におけるエ...

カスタマーサクセスマーケティング

カスタマーサクセスとは、顧客が商品・サービスを利用することで成功体験を得られるよう、事業者が積極的に利用者に対して働きかけを行う活動のことを指します。顧客との親密な関係を積極...

カスタマージャーニーマーケティング

カスタマージャーニーとは、顧客が商品やサービスを知り、購入・利用意向をもって実際に購入・利用するまで、また、利用後に廃棄するまでに、顧客が辿る一連の体験を「旅」に例えたものです。カ...

仮想化DX

 仮想化とは、ソフトウェアを用いた抽象化によって、ハードウェアの「分割」や「統合」を可能とする技術です。「分割」とは、1つのハードウェアを複数のハードウェアであるかのように見...

業務改革経営・戦略

 近年、働き方改革やビジネス環境の変化によって、業務改革(BPR)というワードがよく使われるようになりました。変化していく時代に、企業は大きな改革をせざるを得ない状況になっています...

キャッシュフロー・CCC改善財務・経理

事業を継続的に行うためには、利益を追求するだけでなく、キャッシュ(資金)を適切に管理することが非常に重要になります。利益を上げることができていたとしても、キャッシュを回収する...

グループ・グローバル本社財務・経理経営・戦略

 企業の海外進出には様々な課題が付きまといますが、その一つが機能やシステムの標準化が進んでいないこと、すなわち経営のグローバル化です。ここでは経営をグローバル化するためのガバナンス...

原価管理・コストマネジメントSCM

原価管理・コストマネジメントとは、製品企画・構想段階から企業が獲得したい利益を確保できるだけの目標原価を設定し、設計開発段階で原価企画を通じて原価を作り込んで目標原価を達成し...

原価企画SCM

原価企画とは製品製造の初期段階(商品企画・構想から製品設計、生産設計、試作・量産準備まで)において、目標原価を設定し、量産開始までにこの目標原価を達成させるための原価管理方法...

コーポレートガバナンス・コード財務・経理経営・戦略

コーポレートガバナンス・コードは、上場企業がコーポレートガバナンスを行う上で参照すべき原則と指針であり、金融庁と東京証券取引所によって策定されました。コーポレートガバナンス・...

コト売りマーケティング

コト売りとは、商品・サービス自体ではなく、その使用を通じて得られる体験や感動といった価値に焦点をあてて、展開していくマーケティング・営業活動を指します。対比的な用語として「モ...

コンカレント開発SCM

コンカレント開発とは、製品開発工程において、複数部門の業務を同時並行で実施し、開発期間短縮・効率化を図る手法です。 業務の初期工程(フロント)に負荷をかけ(ローデ...

CAM(Computer Aided Manufacturing)SCM

Computer Aided Manufacturingの略称であり、製品の製造のために、CADで作成したデータ(形状、加工条件、公差など)を入力し、装置(工作機械など)の加...

CPQ(コンフィギュア プライス クオート)DX

CPQとはConfigure Price Quoteの略で、「Configure:顧客が要求する製品構成や製品仕様を決定する」、「Price:製品構成、仕様に基づいて価格を決...

CVI(Customer Value Index)SCM

CVI(Customer Value Index)とは、部品群ごとに顧客価値(お客様に価値を与える機能)を定義し、コストとの相関をみることで、「原低余地の分析/改善」「新部品...

EMS(環境マネジメントシステム)経営・戦略

EMSとは、環境マネジメントシステム(Environmental Management System)の略で、環境省によると、「企業や組織が運営や経営の中で、環境保全に関する取組を...

GRC(GRCS)DX

 GRCとは、「Governance・Risk・Compliance」の略であり、独立した3つの概念を統合的に全社統一で管理することで、効率的な企業経営を手助けするリスク管理...

KGI・KPIマネジメント(KGI・KPIストラクチャー)財務・経理経営・戦略

 ビジネスにおいて、具体的な目標や達成のプロセスを設定することは必要不可欠です。データを上手く活用し目標達成の指標を設定することで、今までは見えなかったものが見えてくるなど、今後の...

財務3表マネジメント(PL,BS,CF)財務・経理

 企業の経営状況を知るためには財務3表の読み解き・理解が欠かせません。ですが、実際に財務3表を読み解くとどのようなことがわかるのか、そもそも何処をどの様に見ればいいのか、分からない...

サーキュラーエコノミー経営・戦略

サーキュラーエコノミーとは、「循環経済」のことであり、資源の循環的かつ効率的な利用を図りつつ、付加価値の最大化を目指す経済社会活動を意味しています。 従来までは、線形...

サイバー保険DX

 サイバー保険(総務省:サイバーセキュリティ保険)とは、情報漏洩やサイバー攻撃などの企業が業務を遂行する上で被る可能性のあるサイバーセキュリティリスクを起因とした様々な損害を...

サクセッションプログラム人事

 サクセッションプランとは事業継承者(後継者)を育成するための計画のことです。2015年施行のコーポレートガバナンス・コードには、「取締役会は、会社の目指すところ(経営理念等...

サステナビリティ経営・戦略

サステナビリティ(Sustainability)とは、環境・社会・経済の持続可能性に配慮した企業・事業活動を行っていくことで、企業・事業自体の持続可能性を担保・向上していこうとする...

サブスクリプションマーケティング

サブスクリプションとは顧客が月々や年々ごとに定額料金を支払うことで、自身のライフスタイルに合わせた商品やサービスを一定期間利用・享受できるというビジネスモデルを指します。一般...

事業統合経営・戦略マーケティング

事業統合とは、特定の同種事業を保有する2社以上の会社同士で、その事業を統合することを指します。事業統合の具体的なスキームとしては、統合先として「統合新会社を設立するか」or「...

資本効率財務・経理

資本効率とは、企業が株主や銀行から調達した資本をどれだけ効率的に使用して稼ぐことができているのかを評価する指数のことです。一般的に、資本効率が高い企業ほど、少額の資本でより多...

システム監査DX

システム監査とは、経済産業省によると「専門性と客観性を備えたシステム監査人が、一定の基準に基づいて情報システムを総合的に点検・評価・検証をして、監査報告の利用者に情報システム...

実際原価SCM

「実際原価とは、財貨の実際消費量をもって計算した原価をいう。実際原価は、厳密には実際の取得価格をもって計算した原価の実際発生額であるが、原価を予定価格等をもって計算しても、消...

シナリオプランニングマーケティング

シナリオプランニングとは、5~10年先の未来に起こり得る環境の変化をシナリオとして複数想定することによって、不確実な環境の中から適切な意思決定を行うことを可能にする戦略立案手...

情報処理技術者試験DX

 情報処理技術者試験とは経済産業省が認定するITや情報セキュリティへの一定の知識と技能を測る国家試験です。この試験は日本のITや情報セキュリティの知識と技能を向上させるために...

ジョブ型人事

ジョブ型とは一般に、社員の職務内容を明確に規定し、成果に基づいて評価を行う雇用制度であり、欧米においてはスタンダードな雇用制度であるとされています。職務内容は職務記述書(ジョ...

人権DD(人権デューデリジェンス)人事

人権DDとは、企業が社内外で事業活動を行うにあたり、関わる人材の人権リスクを特定して対処することです。対処の方法としては、予防・軽減・救済といった措置があり、実施状況を開示し...

人材DB人事

人材DBとは、社員の基本情報や人事評価、スキルなどの人材データを集約し、可視化したものです。別名「人事データ」とも呼ばれています。これまでExcelや紙でバラバラに管理してい...

人材開発人事

人材開発とは、成果改善のための組織開発、個人に対する知識付与(教育)やスキル伝承(訓練)を通じた人の専門性開発・キャリア開発を行うプロセスです。具体的には、訓練による個人の職...

人材の見える化人事

人材の見える化とは、自社にどのような人材が存在するのかをデータ化して見えるようにすることを指します。どのようにデータ化するかというと、社員の評価サーベイを行う、スキルマップを...

人材ポリシー人事

人材ポリシーとは、企業が自社の価値観や哲学を根底に、人材・人事のあるべき姿や方向性を指し示したものです。したがって企業が導入する施策・プログラムがどのような意図を持つものなの...

人材マッチング人事

人材マッチングとは、人材と企業、ないしは社員と社内組織を結び付けることです。 企業や組織にとって人材とは、理念の達成や業績の向上に欠かせない存在であるため、より企...

人材マネジメント人事

 人材マネジメントとはヒトを重要な経営資源の1つとして認識し、経営理念の実現や経営戦略の推進・実行のために人事戦略・人事施策を6つのプロセスの中で企画・実行・マネジメントする...

人材要件人事

 人材要件とは、企業ビジョン・戦略実現等のために必要な人材を定義した要件のことです。人材のスキルや特性等の項目を具体的に検討・定義することで、採用・育成・配置・評価等を戦略的...

人事システム最適化人事

人事システムとは、人事情報一式を管理するためのシステムのことです。 履歴書、職務経歴、適性検査等応募時の情報管理、氏名、住所、家族等の社員の基本情報管理、研修等教...

人事システム導入人事

 人事システムとは、採用や評価、給与計算等、従業員の人事情報を管理するシステムです。具体的には、以下のようなシステムで構成されます。

人事戦略人事

人事戦略とは、人事業務を経営戦略といった人事以外の要素を踏まえて実施するという、戦略形態です。経営戦略や事業戦略を基にして、これらの達成に向けた人事的文脈での戦略を実行するこ...

人的資本人事

人的資本とは、人材の持つ能力・技能を示す経済学の用語です。能力や技能は、蓄積することができ、各人が蓄積方法の意思決定を行うこともできます。その性質が他の資本である「モノ」や「...

情報セキュリティDX

情報セキュリティとは、企業が取り扱う情報の安全性を確保することです。情報を有効活用するには、この安全性に対して利便性とのバランスをとることがとても重要です。企業活動においては...

スマートファクトリーSCM

スマートファクトリーとは、デジタルデータやデジタル技術を活用し、プロセス改革や品質・生産性向上を継続的に実現する工場を指します。 段階的なステップとして、「①見え...

生産管理SCM

生産管理とは、経営計画及び販売計画に従って生産活動を計画し、組織し、資源(資材・設備・要員等)を統制する総合的な管理活動を指します。 製造業における生産は、原材料...

製造IoTSCM

IoTとは「Internet of Things」の略称で日本語では「モノのインターネット」と表現されます。 モノにセンサーなどを取り付け、さらにインターネットへ...

製品アーキテクチャSCM

製品アーキテクチャとは、製品機能に対する顧客ニーズや潜在的な技術・コアコンピタンスが将来どのように関連し発展していくかを構造化し明確化したもの。 自社の製品アーキ...

戦略人事人事

戦略人事とは、従来のオペレーション主体の人事だけでなく、会社の経営戦略・目標の実現も補佐しながら人事マネジメントを行うことを指します。元々は米国ミシガン大学のデイビッド・ウル...

ソーシャルグッド経営・戦略マーケティング

ソーシャルグッドとは、社会へ良いインパクトを与える活動・製品・サービスを支援する姿勢を表す総称です。2010年代から国内でも浸透するにつれて、企業経営にもソーシャルグッドな視...

ソーシャルビジネス経営・戦略マーケティング

ソーシャルビジネスとは、ノーベル平和賞を受賞した経済学者ムハマド・ユヌス博士が提唱した概念で、環境保護や貧困支援などの社会的課題の解決によって収益を獲得するビジネスを指します...

3DCADSCM

3DCADとは、構造物や機械部品などの設計を、3Dに拡張して行うことできるツールです。立体を確認しながら設計を行い、部品同士のつながり、ぶつかり合いを目視で確認できるため、構...

3ピラー(CoE/BP/OPE)人事

3ピラーとは、HRT研究の第一人者であるミシガン大学のデイビッド・ウルリッチ氏が人事組織のあり方として提唱したモデルを指します。この3ピラーモデルでは、各事業部門に対する戦略...

CAE(Computer Aided Engineering)SCM

CAEとはComputer Aided Engineeringの略称であり、製造業における開発工程において、これまで行われていた実機試作品を用いてのテストや実験に代わり、コン...

CERT/CSIRT(サート/シーサート)DX

 CERT(Computer Emergency Response Team)は、インシデント(コンピューターやインターネットのセキュリティ)に関する研究や情報発信を行なって...

CFO組織財務・経理

 デジタル化が急速に進み環境が急変している今、CFOの役割も重要性が増し、担当領域や機能が広くなっています。ここではデジタル化の時代におけるCFOの役割やCFOを基盤とした組織の在...

CMMI(能力成熟度モデル統合)DX

CMMI(能力成熟度モデル統合)は「Capability Maturity Model Integration」の略で、組織のプロジェクトマネジメント力を5段階で評価する指標...

CoE(センター・オブ・エクセレンス)人事

CoEとは、センター・オブ・エクセレンス(Center of Excellence)の略で、「組織を横断する取り組みの中核となる部署や研究拠点」を意味します。もともとは大学な...

CRM/SFADX

 CRMは「Customer Relationship Management(顧客関係管理)」の略で、データベースに顧客情報を管理する経営のシステムです。SFAは「Sales...

CX・UXマーケティング

CXとは、カスタマーエクスペリエンス(Customer Experience)の略で、顧客が商品サービスを購入する前(店舗の雰囲気や店員の接客態度など)から購入した後(アフタ...

JUASDX

 JUASとは、Japan Users Association of Information Systemsの略で、一般社団法人日本情報システム・ユーザ協会のことを言います。...

S&OPSCM

S&OPとはSales and Operations Planningのことで、販売・生産・調達を全体最適の観点から計画・実績管理することで経営意思決定を速やかに行...

サプライチェーンマネジメント/SCMSCM

サプライチェーンとは、メーカーなどの事業者から消費者に向けて製品やサービスが届くまでの間に、原材料や部品の調達から、製造、物流・販売といった供給までの一連機能の連携・連鎖を意...

SSC(シェアードサービスセンター)人事

グループ企業の間接業務(オペレーション業務)を集約化・標準化する企業改革をシェアードサービスといいます。そして、シェアードサービス導入を通じて、グループ内企業の間接業務を集約...

脱炭素経営・戦略

脱炭素とは、地球温暖化の要因となっている、二酸化炭素をはじめとする温室効果ガスの排出量を実質ゼロにすることを指し、同じ意味を持つ用語として「カーボンニュートラル」があります。

ダイバーシティ&インクルージョン人事

ダイバーシティとは直訳すると「多様性」であり、様々な属性の人々が集まった状態を指します。インクルージョンとは直訳すると「包括」であり、会社内の全人財のスキルや考え方が包括的に...

タレントマネジメント人事

タレントマネジメントとは、会社として把握している人財の持つスキルや能力を、採用や配属、育成といった人事決定に活用することによって、社員の能力を最大限に活用し、社の目標達成を行...

データレイク財務・経理DX

 データレイクとは大量の非構造化データ(データの正規化や統合化等を行っていない状態の生データ)をそのまま蓄積しておく場所です。データレイクでは、フラットファイルシステムをサポ...

デザインシンキングマーケティング

デザインシンキング(デザイン思考)とは、デザインにおける思考方法を転用した、ビジネス上の問題を解決するための一連のプロセスを意味します。具体的には、自社が開発した製品やサービ...

デジタルエンジニアリングSCM

デジタルエンジニアリングとは、「ものづくりのプロセスで作り出されたデジタルデータで、社内、社外(サプライヤ、販売店、顧客等)をつなぎ、 全体最適エンジニアリングチェーンを構築...

デジタル空間統計DX

 デジタル空間統計とは、携帯電話ネットワークのデータを利用して作成される人口統計情報です。NTTドコモ、ソフトバンクグループ、KDDIなどが提供しています。  N...

デジタル資産管理DX

 デジタル資産管理とは、テキスト、画像、動画などのコンテンツをプラットフォームで一元管理することです。  あらゆるデジタル資産が1か所に保管されることで、業務効率...

デジタル戦略DX

 デジタル戦略とは、ITテクノロジーを使用してビジネスパフォーマンスを向上させることで、DX戦略とも呼ばれています。デジタル戦略には2つのパターンがあります。1つ目は、組織が...

デジタルツインSCM

デジタルツインとは、フィジカル空間(現実空間)の情報をIoTなどを活用して、ほぼリアルタイムでサイバー空間に送り、サイバー空間内にフィジカル空間の環境を再現することを言います...

デジタルトランスフォーメーション経営・戦略DX

デジタルトランスフォーメーションとは「DX(Digital Transformation)」と略し、2004年にスウェーデンにあるウメオ大学のエリック・ストルターマン教授によ...

デジタルマーケティングマーケティング

デジタルマーケティングとは、Webサイトやメール、SNSなどの「デジタルチャネル」を活用するとともに、そこで得られた「デジタルデータ」に基づいて行われるマーケティング手法を指...

データアナリティクスDX

データアナリティクスとは顧客情報や取引履歴などの生データから事業改善や売上増加、商品開発などに役立つ情報を発見するために行う分析のことです。

データガバナンスDX

 DAMA(国際データマネジメント協会)のDMBOK2(データマネジメント知識体系ガイド 第二版)では、データガバナンスを「データ資産の管理(マネジメント)に対して職務権限を...

データマネジメント財務・経理

 企業活動において、データのやり取りは必須であり欠かせません。しかし、昔は紙媒体でやり取りされていたものも近年ではそのほとんどがデータ化されています。従って、世界中の企業とタイムラ...

同時代性のわなDX

 かつて、「タイムマシン経営」という考え方がありました。タイムマシン経営とは、他の国・地域等で成功した技術や経営手法を取り込んで(真似して)優位性を獲得しようとする経営方法で...

投資マネジメント財務・経理

 限られた資源を最大限に活用しようとするニーズが強まっている中で、投資マネジメントは欠かせません。ここでは投資マネジメントの必要性や検討方法について紹介します。

トレーサビリティSCM

製品の設計から製造、販売、アフターサービス、廃却までの製品ライフサイクルに関わる情報を管理・追跡できることです。具体的に製品の情報とは、「どのような原材料や部品を使用している...

D2Cマーケティング

D2Cとは、「Direct to Consumer」の略で、メーカーやブランドなどの製造者が顧客と直接取引を行う形態を指すマーケティング用語の一つです。特にアパレル、美容品ブ...

DoS攻撃DX

 DoS攻撃とは、悪意を持って特定のネットワークやコンピュータに対して大量のデータを送り付けたり、脆弱性を利用して不正処理を行ったりすることによって、攻撃対象のシステムを機能...

DR(ディザスターリカバリー)経営・戦略

DR(Disaster Recovery)とは直訳すると「災害復旧」となり、地震や津波などの災害や、テロ、不正侵入などによりシステムの利用が不可能になった際に復旧や修復をすること、...

DX推進成熟度診断DX

日本企業がDXの必要性を認識していながら、ビジョンが不明確であることや、経営層のコミットメントの不足など様々な問題からDXの推進が遅れていることは国としての大きな課題となって...

ニューノーマル経営・戦略

New(新しいこと)とNormal(正常、標準、常態)を合わせた造語で、社会に大きな変化が起こり、変化が起こる以前と同じ姿に戻ることがなく、新たな常識が定着することを指します。近年...

パーソナライゼーションマーケティング

パーソナライゼーションとは、企業が不特定多数の顧客や訪問者に向けて画一した発信を行うのではなく、顧客の行動履歴や属性といったデータをもとに、顧客一人一人のニーズに合わせたコン...

パーパス経営・戦略

一般的にパーパスは「目的、意図」等と訳されることが多いですが、ビジネスにおいては社会における「存在意義」や「志」という意味で使われることが多い言葉です。特に、ESGやSDGs...

働き方開発人事

「働き方開発」とは、社のポリシーや独自性を踏まえたうえで、社員が個の状況に応じて多様で柔軟な働き方を自分で「選択」できるようにするための環境構築を指す弊社の造語です。社員の多...

働き方改革経営・戦略人事

 近年、働き方改革という言葉を耳にする機会が増えていると思います。ここでは働き方改革の目的や背景、課題、もたらす影響についてみていきます。

働きがい人事

働きがいとは、会社と社員の相互信頼が確立されていることで、社員が会社で働くことに意義を感じている状態を指します。したがって、現在働いている会社で働き続けることを志向している状...

バーチャルエンジニアリングSCM

バーチャルエンジニアリングとは、CAD、CAM、CAEの仮想統合されたデジタルプラットフォーム下で、3Dモデルと製造・開発・営業のデジタル情報を組み合わせ、開発、モノづくり、...

バックキャスティング経営・戦略

バックキャスティングとは、未来のあるべき姿を設定したうえで、そこから逆算して現在取り組む施策を考える思考法です。逆に、まず現状実施できる施策から考え、その延長線として到達しうる未来...

ピープルマネジメント人事

 メンバー(ヒト)一人ひとりの挑戦や成長に向き合い、企業・組織のパフォーマンス向上に繋げるマネジメントのことです。マネージャーはメンバー一人ひとりのエンゲージメントやモチベー...

非財務資本管理(製造・知的・人的・社会関係・自然)財務・経理

非財務資本とは、財務諸表には記載されない情報のことです。近年、ビジネスを取り巻く環境が変わっていく中で、ESGやインタンジブル・アセット等との関連で、いわゆる非財務資本への注...

ビジネストランスレータDX

ビジネストランスレータとは、データサイエンティストやデータエンジニアなどの技術者・技術系部署と現場課題を把握しているビジネスリーダー・ビジネスチームとの間をつなぐ役割を担う仕...

標準原価SCM

標準原価とは「財貨の消費量を科学的、統計的調査に基づいて能率の尺度となるように予定し、かつ、予定価格又は正常価格をもって計算した原価をいう。この場合、能率の尺度としての標準と...

プラットフォームマーケティング

プラットフォームとは、サービスやコンテンツ、システム・ソフトウェアを提供するための「共通基盤となる標準環境」を指します。また、こうしたプラットフォームを基盤として、複数の企業や組織...

プロジェクト監査DX

プロジェクト監査とはプロジェクトの推進側とは異なる立場の第三者が、プロジェクトに対して様々な観点から問題がないかを確認し、プロジェクトの目標達成に向けてプロジェクトのマネジメ...

プロジェクトマネジメントDX

プロジェクトマネジメントとは目的(成果)と納期が決められたプロジェクトをどのように遂行するか計画を立て、コントロールしていくことです。プロジェクトを納期までに遂行するため、人...

プロダクトライフサイクル収支管理SCM

プロダクトライフサイクルとは、企業が売り出す新しい商品が、顧客の指示を経て売り上げを増やし衰退するまでの一連のプロセスを表したものです。そのプロセスはマーケティング戦略として...

プロダクトライフサイクルマネジメント/PLMSCM

プロダクトライフサイクルマネジメント/PLMとは、商品の企画、開発から設計、製造、販売、出荷、メンテナンス、さらに生産・販売の打ち切りまで商品のすべての過程を一元管理すること...

ペルソナマーケティング

ペルソナ(Persona)は、マーケティングの世界においては、「架空的に設定される、典型的・特徴的なユーザー像、あるいはユーザーの人物モデル」を指します。 類似する用...

ベンダロックインDX

 ベンダロックインとは、自社の多くのシステムが特定のベンダの独自仕様になっているため、改修やメンテナンスにおいて他社に依頼すると莫大なコストがかかったり、そもそも他社が引き受...

ホワイトカラー生産性向上経営・戦略

 日本の労働生産性は世界的にみても低く、かねてより問題視されています。しかし日本の自動車産業や電気機器産業は世界的にみてもかなりレベルが高く、ブルーカラーの生産性はかなり高いもので...

5GDX

 5G(第5世代移動通信システム)とは、現在の標準である4G LTEの次世代となる移動通信システムです。高速で大容量、信頼性が高く低遅延、多数の機器に同時接続可能といった特徴...

BCP(ビジネス コンティニュイティ プラン)DX

 BCP(Business Continuity Plan)とは、事業継続計画のことです。企業がテロや災害等の予想外の被害を被った場合に備え、業務が継続可能な方策を用意し、計...

BIツール(ビジネスインテリジェンス )財務・経理経営・戦略

 近年、ITビッグデータを活用する企業が増加している中で、BIツールの導入は避けて通れない存在となっています。ここではBIツール導入の目的や種類、メリットについて紹介します。

BOM/部品表SCM

BOMとはBill Of Materialsの略であり、日本の製造業では主に部品表を指します。 BOMは製品を構成する部品の一覧であり、製品がどの部品で組みあがっ...

BPO(ビジネス プロセス アウトソーシング)経営・戦略人事

BPOとは、「Business Process Outsourcing」の略で、業務設計・改善・運用を一括して外部の専門業者に委託することです。業務を一括して委託するため、単...

BPR(ビジネス プロセス リエンジニアリング)経営・戦略

BPRは「ビジネス プロセス リエンジニアリング:Business Process Re-engineering」の略称であり、業務改革を意味します。業務の効率性や生産性を飛躍的に...

BYODとパーソナルデバイスの活用DX

 BYODは「Bring Your Own Device」の略で、社員個人が所有するノートパソコンやスマートフォン、タブレットなどのモバイル端末を業務に活用することを言います...

Fit to Standard経営・戦略DX

従来、ERPパッケージの導入においては、実現したい業務とERPの機能を比較し、どれだけマッチしているか分析するFit & Gap分析を行うのが主流でした。しかし、昨今...

FP&A(Financial Planning & Analysis)財務・経理

 外資系企業ではFP&Aという職種の人々が多く活躍しています。日本企業においてはまだ聞き馴染みがない職種かと思いますが、先進企業や外資系企業ではFP&Aは経理・財務のスペシャリスト...

HRBP(HRビジネスパートナー)人事

HRBPとは、Human Resource Business Partnerの略であり、事業成長に向けた人事とビジネスの両戦略をサポートする役割を担っている人材を指します。元...

PMODX

 PMOには2種類あり、Project Management OfficeとProgram Management Officeです。  前者はプロジェクトマネジメ...

PoCマーケティング

PoCとは、Proof of Concept(概念実証)の略で、読み方としては、”ポック”や”ピーオーシー”と読みます。意味としては、サービスや技術に関する新しいアイデアやコ...

PSISCM

PSIとはProduction(生産)、Sales(販売)、Inventory(在庫)の頭文字をとったもので、生産・販売・在庫計画の最適な解を立案・維持管理することをいいます...

VPP(バーチャル パワー プラント)経営・戦略

バーチャルパワープラント(VPP)とは、仮想発電所とも呼ばれ、複数の発電施設や、電力の需要抑制システムをIoT機器によって制御し、一つの発電所のように機能させることです。

VUCA(ブーカ)経営・戦略

VUCA(ブーカ)とは、Volatility(変動性)・Uncertainty(不確実性)・Complexity(複雑性)・Ambiguity(曖昧性)それぞれの頭文字を取っ...

マイグレーションとリビルドDX

 マイグレーション(migration)とは、現在利用中のシステム・ソフトウェア・データ等の別の環境やバージョンへの移行・乗り換えを意味します。システムの場合はオンプレミス環...

マトリクス型組織(横串・縦串管理)財務・経理経営・戦略

 企業が採用している組織編制は様々ですが、その中でも多岐にわたる事業を展開する企業に多く採用されているのがマトリクス型組織です。今回はそのマトリクス型組織について、その種類やメリッ...

見える化マーケティング

見える化とは、企業の経営・業務状況に関して、特に計画に対する進捗・達成状況や現状の問題・リスク状況について、現状見えていないものを、見える状態にする取り組みを指します。...

目標原価SCM

目標原価とは、製造において達成すべき能率(必要所要量・仕損・歩留×購入価格、工数×労務・設備賃率等)を目標値として設定されますが、製品の企画段階で製品ライフサイクルにおいて設...

モジュール化SCM

モジュール化とは、既存の製造設備で造られる、互換性が高いモジュール製品群を設計しておき、新製品を設計する際、モジュール製品群から顧客要求に合った部品を選び出して設計する方法で...

モダナイゼーションDX

企業の情報システムで稼働しているソフトウェアやハードウェアなどのシステムを、最新のシステム環境や製品に置き換え、近代化を図ることを指します。 モダナイゼーションを...

MDM(マスターデータ マネジメント)DX

 MDMとは、マスタデータを管理する方法論またはそれを実現するためのソフトウェアのことです。マスタデータとは、組織、勘定科目、商品など、企業の業務システムにおいて基本となるデ...

MDM(モバイル デバイス マネジメント)DX

 MDM(Mobile Device Management)とは、モバイルデバイス(携帯端末)を一元的に管理・監視する為のサービス・ソフトウェアの事です。MDMを利用する事で...

MES(Manufacturing Execution System)SCM

MESとは、製造工程の把握や管理、作業者への指示や支援などを行う製造実行システムのことを指します。MESは生産管理の一つとして挙げられますが、工場の各製造工程・設備と作業指示...

MVV(Mission Vison Value)経営・戦略

MVVとは、Mission(ミッション)とVision(ビジョン)、Value(バリュー)のことで、経営学者のピーター・F・ドラッカーが著書の「ネクスト・ソサエティ」でMVV...

予算原価SCM

予算原価とは、当該会計期間において、経営計画の基礎となる当期の販売計画及び調達計画・生産計画・在庫計画を構成する各部門の予算を基礎として算出される製品原価のことです。一般的に...

ラーニングマネジメントシステム人事

 ラーニングマネジメントシステム(Learning Management SystemでLMSとも言います)とは、eラーニング等の学習教材の配信、受講状況、成績等を統合して管...

ランサムウェアDX

 ランサムウェアとは、「Ransom(身代金)」と「Software(ソフトウェア)」を組み合わせて作られた造語で、金銭を脅し取ることを目的とした不正プログラムの一種です。2...

リアルタイムマネジメント財務・経理DX

 DX時代の到来によって、ITは単なる省力化の道具ではなく、ビジネスそのものになっています。その事により、私たちが望む、望まないにかかわらず、デジタル技術の進歩によってリアルタイム...

リカーリングマーケティング

リカーリングとは、もともと英語で、「繰り返す」・「循環する」という意味ですが、ビジネス用語としては、リカーリング・レベニュー(=継続収益)を得ることを目的とした、ストックビジネスを...

リソースアグリケーション経営・戦略マーケティング

リソースアグリケーションとは、太陽光発電等により各地で分散発電された電力(リソース)を集約・制御(アグリケーション)することで、需給バランス調整用の1つのエネルギーシステムと...

リモートワーク経営・戦略DX

 働き方改革やコロナ禍をきっかけに導入する企業が急激に増えたリモートワークですが、コロナ禍が落ち着いてもこの働き方は定着するだろうといわれています。ここではリモートワークが日本に導...

量子コンピュータDX

量子コンピュータとは、より高い処理能力を実現するため、量子力学において「重ね合わせ」、「量子もつれ」と呼ばれる量子の2つの性質を利用して演算を行うコンピュータです。

RPA(ロボティック プロセス オートメーション)DX

RPA(Robotic Process Automation)とはパソコンやアプリケーションを利用する定型的な業務プロセスや作業を人に代わり、ロボットによって自動化することで...

該当の用語が見つかりません

当サイトでは、お客様により良いサービスを提供するため、クッキーを利用しています。当サイトをご利用いただく際には、当社のクッキーの利用について同意いただいたものとみなします。当社の使用するクッキーや、クッキーの削除またはブロックの方法については、プライバシーポリシーをご確認ください。