layers consulting

変化点管理

変化点管理とは

機能・性能による設計変更、コスト削減による部品変更、組立・製造時による設計への変更依頼や製造時の工程変更をそれぞれ紐づけて管理することで変更時の影響範囲を確認する仕組みのことをいいます。

活用シーン

流用設計時に過去の変更点が見えることで設計前に後工程での不具合予測に活用できます。
また製品開発後に変化点分析を行うことで、何が悪かったのか、何が足りなかったのかと次期開発へのインプット情報にも活用できます。

当サイトでは、お客様により良いサービスを提供するため、クッキーを利用しています。当サイトをご利用いただく際には、当社のクッキーの利用について同意いただいたものとみなします。当社の使用するクッキーや、クッキーの削除またはブロックの方法については、プライバシーポリシーをご確認ください。