layers consulting

インサイドセールス

1.インサイドセールスとは

インサイドセールスとは、マーケティングや営業における機能の1つであり、電話やメール、SNSなど非対面形式での顧客とのコミュニケーションを指します。
逆に、顧客を直接訪問して、対面形式で顧客とコミュニケーションを行う機能は「フィールドセールス」と呼ばれています。インサイドセールスの主な役割は、顧客と営業の橋渡し役として、顧客との関係構築や商談機会を獲得することですが、それだけでなく、顧客への提案や成約まで担うケースもあります。類似の用語として「テレアポ」や「テレマ(テレマーケティング)」がありますが、大きな違いは、役割範囲の違いです。テレアポやテレマは、その場のやり取りだけで完結することが多く、商品に興味をもってくれる顧客、又は商談に応じてくれる顧客をリストに基づき探索します。一方、インサイドセールスは、関係構築を行う中で商談機会に発展する顧客を模索することが主な役割であり、顧客と中期的に関係構築をしていく点が大きな違いとなります。

2.インサイドセールスのメリット

インサイドセールスの非対面という特性を活かすことによって、フィールドセールスの機能を補い、より効率的または広範囲に営業を行うことが可能になります。

  1. 営業活動の効率化
    インサイドセールスは、非対面で行うため、顧客訪問に要する移動時間を削減でき、効率的に営業を行うことができます。一方で、フィールドセールスにとっては、見込みのない顧客はインサイドセールスが見極めてくれることで、より確度の高い顧客に集中化することができるため、より効果的に営業を行うことができます。
  2. 広範囲での営業活動
    インサイドセールスは非対面で行うため、移動上の問題・制約から、フィールドセールスではアプローチが困難な顧客に対しても、営業を行うことができます。この場合、インサイドセールスは、商談機会の獲得だけに留まらず、そのまま提案や成約まで行うこともあります。

当サイトでは、お客様により良いサービスを提供するため、クッキーを利用しています。当サイトをご利用いただく際には、当社のクッキーの利用について同意いただいたものとみなします。当社の使用するクッキーや、クッキーの削除またはブロックの方法については、プライバシーポリシーをご確認ください。