layers consulting

プロダクトライフサイクルマネジメント/PLM

プロダクトライフサイクルマネジメント/PLMとは

プロダクトライフサイクルマネジメント/PLMとは、商品の企画、開発から設計、製造、販売、出荷、メンテナンス、さらに生産・販売の打ち切りまで商品のすべての過程を一元管理することによって市場のニーズに適した商品を適切な時期に投入、改善、廃止することを目指した、経営管理の仕組みです。 プロダクトライフサイクルマネジメントの目的は、製品のライフサイクル全体で発生する技術情報を集約し、エンジニアリングチェーンを繋ぎ、製品開発力や企業競争力の向上を図ることです 。

PLMの必要性

近年、製品寿命の短命化が進んでおり、開発期間の短縮、生産効率の向上、製品の迅速な市場投入、適切な撤退時期の見極めがますます重要になっています。 そのため設計・開発・保守部門など、製品に関わる各部署間の情報共有や、マーケティング部門が収集した顧客ニーズを、迅速に設計・開発にフィードバックする仕組みの構築が重要です。 PLMはそれらを実現するための製品に関わる情報を共有する情報システムとして大きな効果が期待できます。

PLMの利点

開発期間短縮

PLMによって、技術情報を部門をまたいで一元管理することができれば、設計開発の各工程間の連携がスムーズになり、ミスや手戻り作業を防止でき開発期間を短縮することが可能です。

コスト削減

早期の段階での後工程との情報共有により、後工程からフィードバックを受け、設計変更などの手戻りを防ぐことが可能となり、設計作業全体のコスト削減が期待できます。

当サイトでは、お客様により良いサービスを提供するため、クッキーを利用しています。当サイトをご利用いただく際には、当社のクッキーの利用について同意いただいたものとみなします。当社の使用するクッキーや、クッキーの削除またはブロックの方法については、プライバシーポリシーをご確認ください。