layers consulting

layers consulting

layers consulting

2016年8月4日

「目からウロコのレイヤーズ経営通信」第40号/貴社のITセキュリティが漏れがちな穴とCSIRT -Part2-

ITセキュリティに必要な投資がなかなか承認されないのはつらいところ。CSIRTで社外と連携し、「社会的な対策レベル」をもとに社内を啓蒙するのは手

・ITセキュリティベンダも、「防御」一辺倒から、経験を蓄積して「適応」するまでのライフサイクルを指向し始めた

・ITセキュリティのライフサイクルにおける悩みを共同解決する場としてのCSIRT

ITセキュリティ対策には、当たり前ですが知見と投資が必要です。
しかし、ITセキュリティは小難しく、また業績には直結しないと思われているためか、
なかなか投資稟議が通りません。

さて、セキュリティ対策のPDCA をご存知でしょうか。
米国では、「Protect(防御)」「Detect(検知)」「Correct(復旧)」
「Adapt(適応)」と定義し、“防御”中心のソリューションから、
迅速な“検知”→ “復旧”と、経験をフィードバックして“適応”する
ライフサイクル全体への取組みに舵を切りました。

一方、ユーザ側の動きも出ています。
企業内にCSIRT(シーサート:Computer Security Incident Response Team)を組織し、
ライフサイクル対応を目指す企業が増えています。また、各社CSIRTの連合体である
日本シーサート協議会では、会員の共通課題を協力して解決・提言するワーキング
グループも立ち上がっています。

ITセキュリティは、もはや社会的重要問題です。会社レベルで議論し、
きちんとした対策を講じるべきと考えます。

                                                                        株式会社レイヤーズ・コンサルティング 
                                                                  IT事業部       副統括マネージングディレクター 
                                                                        加藤 道隆

当サイトでは、お客様により良いサービスを提供するため、クッキーを利用しています。当サイトをご利用いただく際には、当社のクッキーの利用について同意いただいたものとみなします。当社の使用するクッキーや、クッキーの削除またはブロックの方法については、プライバシーポリシーをご確認ください。