2019.3.22

『経営と工場とサプライヤーを直結するデジタルマニュファクチャリング』

セミナーレポート

特別基調講演
「製造現場のデジタル化がもたらす新たな価値」

・コニカミノルタが考える現場力とIoT
・Digital Manufacturingの実践

コニカミノルタ株式会社 
博士(工学) 常務執行役 
生産本部長
浅井 真吾 氏

講演Ⅱ
「サプライヤーも含めたトータル製造IoTの実践的実現方法」

・これまでの自社工場中心とした製造IoTの限界
・サプライヤーも含めたトータル製造IoTの実現方式
・サプライヤーも含めた連結実際原価の把握 
・コスト削減・品質向上のための現場改善との連動

株式会社レイヤーズ・コンサルティング
SCM事業部
統括 マネージングディレクター
鈴木 基

講演Ⅲ
「稼ぎ続ける現場を支える生産経営コックピットの実現~KPIマネジメントの実践~」

・「使える」生産経営コックピット構築のために考えておきたいこと
・KPIマネジメントの成功のポイント
・生産経営コックピットの具体的実装例

株式会社レイヤーズ・コンサルティング
経営管理事業部
ディレクター
田平 智規

2019年3月22日イイノホールにて、経営に資する製造IoTの実現についての具体的実現方法をご紹介するデジタルマニュファクチャリングセミナーを開催いたしました。

 

基調講演では、コニカミノルタ 常務執行役 浅井真吾氏より、「人・場所・国・変動に依存しないモノづくり」を目指す自社の取り組みにおいて、経営、現場、サプライヤーそれぞれのデジタル化をどのように推進し、新しい価値を創造するかについて、具体的な自社の取り組みをお話いただきました。

 

レイヤーズ・コンサルティングからは、製造IoTへの取り組みを始めるにあたって、様々な企業の事例から日本の製造業の強みを生かすデジタル化のポイントをお伝えしたほか、経営と現場をつなぐ「使える」コックピット実現にむけて、陥りがちなケースを踏まえて導入ポイントをご紹介いたしました。

現場のデジタルデータを経営に生かすメリットは大きく、しかし全社一丸となっての取り組みには多くの課題が存在します。 今回の講演が製造業の皆様のデジタル化推進における課題解決の一助になれば幸いです。

主催

株式会社レイヤーズ・コンサルティング

開催概要・プログラムはこちら