2019.6.27

次世代ビジネスモデルへの変革、 その実践の要諦
~PoCからいつまで経っても実行に移行できない状況を打破するためには~

セミナーレポート

特別基調講演Ⅰ
「建設産業のデジタルトランスフォーメーション」

・スマートコンストラクションご紹介

株式会社小松製作所
執行役員
スマートコンストラクション推進本部長
四家 千佳史 氏

特別基調講演Ⅱ
「新規事業を実践するための肝」

・コニカミノルタにおける新規事業
・新規事業創出の型 KM-Way
・超高齢社会の課題を解決する新規事業~ケアサポートソリューション~

コニカミノルタQOLソリューションズ株式会社
事業戦略部 事業企画グループリーダー  
清水 佳恵 氏

講演Ⅲ
「『実現』する新規事業開発・ビジネスモデル変革のポイント」

・中身の検討と同じレベルで体制構築・運営にリソースを確保
・小さくても必ず「マネタイズ」をする
・さまざまなプレーヤーを「巻き込む」ことで推進力を強化

株式会社レイヤーズ・コンサルティング
事業戦略事業部
統括マネージングディレクター
草加 好弘

2019年6月27日イイノカンファレンスセンターにて、『次世代ビジネスモデルへの変革、 その実践の要諦』を開催いたしました。

1つ目の基調講演として登壇されたコマツ 執行役員 四家氏は、コマツのスマートコンストラクションは、IoTを実現することではなく、お客様の課題を解決することを目的として生まれたソリューションであることを説明しました。そして、これからもお客様のありたい姿とコマツのあるべき姿を、デジタルトランスフォーメーションで実現していくとし、さらなる安全性・飛躍的な効率性を叶える次世代の現場のビジョンをムービーを用いて紹介されました。

 

2つ目の基調講演では、コニカミノルタQOLソリューションズの清水氏より、コニカミノルタがデジタル・ディスラプションを経験したことが契機となった、イノベーションを創出するためのKM-Way(新規事業創出における型)が紹介されました。そして、超高齢社会の課題を解決する「ケアサポートソリューション」において、様々な障壁をどのように乗り越えて介護現場のデジタルトランスフォーメーションを推進してきたか、実体験を交えご講演いただきました。

 

 

レイヤーズ・コンサルティング 草加からは、これまで数多くの新規事業開発に携わった経験から、新規事業をPoCで終わらせないために重要なポイントについて講演させていただきました。
当社では皆様の新規事業への取り組みが1つでも多く実を結ぶよう、引き続き研究を重ね、ご支援に尽力してまいります。

主催

株式会社レイヤーズ・コンサルティング

開催概要・プログラムはこちら