部品の標準化

品質・性能が担保された汎用的な部品を標準部品として定義し、求める性能や形状をキーに部品検索ができる仕組みを構築することで、新部品の登録を防ぐことが可能となります。
また新規部品の抑制に伴い新図作成や在庫管理にかかる工数削減ができ、既に品質・性能が担保されている部品を用いることで設計品質向上に寄与します。