layers consulting

デジタル資産管理

デジタル資産管理とは

 デジタル資産管理とは、テキスト、画像、動画などのコンテンツをプラットフォームで一元管理することです。
 あらゆるデジタル資産が1か所に保管されることで、業務効率化や生産性向上につながります。

デジタル資産管理システム

 デジタル資産管理のためのデジタル資産管理システムでは、保管されているコンテンツにメタデータを付与することで容易な検索が可能となります。メタデータとは、データの属性や関連情報など、本体のデータに付帯するデータのことです。例えば、システム内に保管されているコンテンツに対して作成者情報をメタデータとして付与することで、特定の人物が作成したコンテンツを検索することができます。
 またデジタル資産管理システムでは、DRM(デジタル権利情報)を関連付けることで、アクセス権や再配布権などの権利管理も可能となります。例えば、キャラクターを使用した販売促進用のコンテンツに契約期間などの許諾情報を関連付けることで、そのコンテンツの使用可能期間などの管理を行うことができます。

なぜデジタル資産管理が注目されるのか

 デジタル資産管理システムを利用してデジタル資産管理を行うことで、デジタル資産の誤利用や不正利用のリスクを減らすことができます。これにより、コンプライアンス違反によるブランドイメージの毀損を防止することができます。
 また、メタデータによる一元管理により、個人のライフスタイルや趣味嗜好に合わせたコンテンツを配信してマーケティングを行うことで、ブランドイメージを高めることができます。

デジタル資産管理におけるAIの活用

 デジタル資産管理にAIを活用することで、画像認識による画像への自動タグ付け、アクセス権や再配布権などの管理の自動化、最適な配信コンテンツの自動選択が可能となります。また、将来はコンテンツの自動作成も可能となることが期待されています。これらにより、大幅な業務効率化が可能となります。

デジタル資産管理の先に目指すべき情報流通

 デジタル資産は複製が容易であるため、デジタル資産を流通することに加え、デジタル資産そのものを生産する取り組みに対して適切に対価がフィードバックできる仕組みの重要性が社会的にも増大しています。Society5.0が提唱するデータ駆動型社会の実現にむけて、こうした仕組みを通じて付加価値の高い情報やコンテンツが生産、流通されて行くことになるでしょう。

当サイトでは、お客様により良いサービスを提供するため、クッキーを利用しています。当サイトをご利用いただく際には、当社のクッキーの利用について同意いただいたものとみなします。当社の使用するクッキーや、クッキーの削除またはブロックの方法については、プライバシーポリシーをご確認ください。