FMEA(Failure Mode and Effect Analysis)

FMEAとは、Failure Mode and Effect Analysisの略です。
製品、部品における潜在的な故障を予測し、それによる影響度、発生頻度等を検討して設計前の予防処置として使用されます(設計FMEA)。
機能・性能において不具合を事前に予測し、前もって対応することによって開発後半での不具合流出防止や後戻りの削減のために活用されます。
また過去のFMEAを用いて、次期製品設計へのインプット情報としても活用が可能と考えられます。設計FMEAとは別に工程設計における工程FMEAもあります。