layers consulting

人材マッチング

1.人材マッチングとは何か

人材マッチングとは、人材と企業、ないしは社員と社内組織を結び付けることです。
企業や組織にとって人材とは、理念の達成や業績の向上に欠かせない存在であるため、より企業の理念や業務に合致した人材を採用し、適した部署に配属して育成していくことが非常に大事です。また、人材にとっても、行う業務はキャリアビジョンややりがいという観点で非常に重要なため、自身の指針に合致した企業に入り、適した部署での仕事を通じてスキルを身に着けていくことが大事です。したがって、人材マッチングでは、企業(組織)と人材(社員)の両者にとって、最適な相手を見つけ、マッチングすることが大切です。したがって、企業と社員の希望条件を正確に把握する必要があります。
人手不足による労働市場の売り手化に伴い、人材マッチングの難易度と需要は高まっています。また、社内人事におけるマッチングでは、タレントマネジメントシステムを活用し、職務ベースでの人材要件と、各人のスキルコンピテンシーを合致させることが人事の最適化による業績の向上につながります。

2.人材マッチングで考慮すべき要素

人材マッチングで注意すべき要素は3点です。

  1. 希望条件
    前項でも触れたとおり、人材マッチングにおいては企業と社員それぞれの満足度を最大化するために、希望を正確に把握する必要があります。したがって、アンケートといった手法によって希望条件を収集し、マッチする相手を探していくことが必要です。
  2. スキル
    企業の求める条件の大多数を占めるのは特定スキルの有無に他なりません。したがって、社員に対して所持するスキルを確認し、定量的・定性的に評価することが、マッチングを望ましいものにするためには必要です。
  3. 属性
    企業は企業風土にマッチする人材を確保する必要があります。したがって、社員の人柄を正確に把握し、協力して目的を達成できる人材を選択できるようにしなくてはなりません。逆に社員にとっても、自身の価値観に沿った企業に入ることが、仕事への熱意や働きがいといった観点から重要です。したがって、企業風土が社員に対して正しく共有される必要があります。

当サイトでは、お客様により良いサービスを提供するため、クッキーを利用しています。当サイトをご利用いただく際には、当社のクッキーの利用について同意いただいたものとみなします。当社の使用するクッキーや、クッキーの削除またはブロックの方法については、プライバシーポリシーをご確認ください。