layers consulting

タレントマネジメント

1.タレントマネジメントとは何か

タレントマネジメントとは、会社として把握している人財の持つスキルや能力を、採用や配属、育成といった人事決定に活用することによって、社員の能力を最大限に活用し、社の目標達成を行っていくための人財マネジメントです。情報技術の発展により、個々の社員について把握・管理することが容易となったため、タレントマネジメントを導入する企業は増加しています。

2.タレントマネジメントのメリット

タレントマネジメントによるメリットは主に以下の3つがあります。

  1. 業務効率の最大化
    タレントマネジメントでは、個々の社員の特性を把握して人事決定を行うため、適材適所化によって、業務と社員のミスマッチが起こりにくくなります。したがって、社員は効率よく業務を行うことが可能になり、業務の迅速化や質の向上が期待できます。結果として業務効率が最大化でき、会社の業績の向上につながります。
  2. エンゲージメントの向上
    タレントマネジメントによる適材適所化は社員の特性を反映する以上、社員にとっても働きやすい環境を形成します。したがって、会社に対する信頼や、業務への積極的な取り組みといった正の効果をもたらすことが期待できます。これらのエンゲージメントの向上は、優秀な人財を社内にとどめるだけでなく、外部の優秀な人財の採用にもつながります。
  3. 人財育成・開発の効率向上
    タレントマネジメントによって個々の特性を把握すると、業務遂行にあたって社員に足りないスキルを把握することができます。したがって、社員に対し、適切な育成プログラムを提示することが可能です。また、個々の特性を活かせる新たな業務を生み出し、実行に向けた先行投資としての人財開発を行う礎としての活用も期待されます。

3.タレントマネジメントの実施方法

タレントマネジメントの実施にあたっては、まず会社の理念や目的意識といった方針を確認し、社員に求める能力を明確に定義する必要があります。タレントの明確な定義が完了したら、実際に各社員から自身の能力やスキルに関する情報を集め、データベースを作成します。そして、集めた情報に基づいて採用・育成計画をたて、実際の人事決定に反映していきます。一定の期間ののちに再度調査を行い、現状把握に努め、その都度計画・決定をし直すことで、最適な状態を維持します。

当サイトでは、お客様により良いサービスを提供するため、クッキーを利用しています。当サイトをご利用いただく際には、当社のクッキーの利用について同意いただいたものとみなします。当社の使用するクッキーや、クッキーの削除またはブロックの方法については、プライバシーポリシーをご確認ください。