HOME>>Q&A

Q&A

Q&A
質問

グループ会社間の債権債務、取引高の差異は、照合処理を実施しないと見れませんか?

グループ会社間の債権債務、取引高の差異を調整するたびに照合処理を実施しないと調整結果が見れないため、差異を調整するたびにグループ会社間の債権債務、取引高の照合処理を実施しています。照合処理を実施しなくても差異を調整した後の結果が確認できると効率的です。


回答

連結ジンツーでは、グループ会社のデータが登録または修正されると即座にグループ会社間の債権債務、取引高の差異を表示することができるため、グループ会社間の債権債務、取引高の差異を調整するたびにグループ会社間の債権債務、取引高の照合処理を実行しなくても、修正後の差異を確認することができます。


Q&A
質問

グループ会社間の債権債務、取引高の差異の分析ができますか?

親会社では、グループ会社間の債権債務、取引高の明細データを持っていないため、グループ会社間の債権債務、取引高の差異の原因はグループ会社に問い合わせなければわかりません。海外のグループ会社への問い合わせは、言葉や時差の関係で大変手間がかかっています。

回答

連結ジンツーでは、グループ会社間の債権債務、取引高の差異があった場合に、グループ会社の総勘定元帳までドリルダウンして原因分析をすることができます。 そのため、差異の原因を分析するにあたって、グループ会社からの回答を待つことなく、詳細な仕訳データを確認することができます。

Q&A
質問

連結決算作業の進捗状況を管理できますか?

連結決算作業の進捗状況をExcelで作った進捗表で管理していますが、各担当者の進捗表への記入が徹底されていないため進捗状況の把握に手間がかかっています。グループ会社のデータのチェック等、事前に必要な作業が終わっているのかどうかを、担当者に確認しないと作業に着手できません。

回答

連結ジンツーでは、グループ会社のデータ収集段階から連結処理、連結財務諸表の確定にいたるまで、連結決算に係るあらゆる処理が進捗管理画面で一元管理できます。そのため、現在の作業進捗状況が一目瞭然ですので、複数の担当者で連結決算作業を進めている場合でも、混乱することなく作業を進められます。

Q&A
質問

連結システムを導入するにはどのくらい作業をする必要がありますか?

四半期ごとの決算作業に時間をとられるため、連結システムの導入に関与する時間が確保できないのですが、連結ジンツーであれば導入できますか?

回答

レイヤーズ・コンサルティングでは、連結決算業務に精通したコンサルタントが、連結ジンツーの導入のお手伝いをいたします。導入に際しては、弊社コンサルタントが主体となって導入作業を行い、連結会計ご担当者様が最小限のご負担で連結システムを導入できるプログラムをご用意しています。

Q&A
質問

連結ジンツーに今まで使っていた連結システムのデータは移行できますか?

前年比較のレポートを出力する機会が多いため、前年比較のレポートが出力できないと作業の効率が低下します。運用開始時点で過年度のデータが移行された状態である必要があります。

回答

レイヤーズ・コンサルティングでは、連結ジンツーの導入にあたって、お客様のご要望に合わせて過去のデータを移行いたします。 連結ジンツーでは、今までお使いの連結システムからのマスタやデータの移行が容易に行えるように設計されているため、短期間での導入であっても、過去データの移行が可能です。
※グループ会社数、勘定科目数、導入期間によっては、ご要望にお応えできない場合があります。

Q&A
質問

連結ジンツーを新しく導入しても、今まで使っていた連結システムのレポートは使えますか?

取締役会で今まで使っていた連結システムのレポートを使っています。連結ジンツーを新たに導入しても同様のレポートを出力できますか?

回答

また、連結ジン・ツーでは、ExcelViewerにより自由なレイアウトでのレポート作成を実現しています。そのため、今までお使いのレポートの多くを、そのフォーマットをほとんど変更することなく作成することができます。

Q&A
質問

連結ジンツーを新しく導入しても今まで使っていたグループ会社の収集パッケージ(Excel)は使えますか?

収集パッケージを変更すると、一部のグループ会社では正しくデータを入力できるようになるまでかなりの期間を要すると考えられます。そのようなグループ会社では、今までと同じフォーマットの取集パッケージでデータを取集できますか?

回答

連結ジンツーでは、Excelでグループ会社の収集パッケージを自由に作成することができます。そのため、今までの連結システムで使っていた取集パッケージのフォーマットをそのままお使いいただくことが可能です。 グループ会社で収集パッケージの提出に係る業務やフォーマットの変更を意識することなく、連結ジンツーを導入することができます。

Q&A
質問

連結ジンツーでグループ会社の会計システムを統一することはできますか?

グループ会社の会計システムがばらばらなので、連結システムとの連携がなかなか進みません。

回答

連結ジンツーは、グループ会社の会計伝票を登録できる会計システム一体型の連結システムです。連結ジンツーを会計システムとして利用するように設定したグループ会社では、連結ジンツーを会計システムとしてお使いいただくことができます。そのため、連結ジンツーをグループ会社の統一会計システムとしてお使いいただくことができます。また、連結ジンツーを会計システムとして使うグループ会社の会計データは、自動で連結データと連携します。