CAM(Computer Aided Manufacturing)

CAM(Computer Aided Manufacturing)とは

CAMとは、Computer Aided Manufacturingの略称であり、製品の製造のために、CADで作成したデータ(形状、加工条件、公差 等)を入力し、装置(工作機械 等)の加工用NCプログラム生成を自動化し、生産準備をミスなく効率化するシステムを指します。

CAM導入メリット

作業の効率化

人が紙図面や工程表から情報を確認してNCデータを作る作業が、CADから加工データを読み取ることで、装置用の加工NCデータを自動作成でき、読み取りミスを無くすことができるようになります。また、自動的に計算されるため、加工工数の算出、見積もりの作成やスケジュール調整が迅速に確認できるようになります。

複雑な加工への対応

3DCADデータで複雑な形状を詳細に再現することで、紙図面や2DCADでは出力できなかった情報をCAMデータとして加工装置に渡す事ができ、手作業では難しい多様なデータ作成と加工が可能になります。加工の精度・品質の向上につながります。

デジタル評価による追加工作業の削減

CAMデータを元に戻す加工シミュレーションを活用することで、実際の加工を行う前に、削り残しや干渉などをチェックすることができます。
チェック箇所に対して3Dデータの修正を行い、シミュレーションを繰り返すことで、実機の追加工作業を削減することが可能です。