DXレポート

DXレポートとは

DXレポートとは、DX(デジタルトランスフォーメーション)を加速させることを目的に経済産業省が発表したレポートです。
2018年に最初のレポートが発表され、現在までに以下の3つが公開されています。

  • 『DXレポート~ITシステム「2025年の崖」の克服とDXの本格的な展開~』(2018年9月)
  • 『DXレポート2(中間取りまとめ)』(2020年12月)
  • 『DXレポート2.1(DXレポート2追補版)』(2021年8月)

これらのレポートでは、日本におけるDXの課題や今後の方針についてまとめられています。

デジタル社会・デジタル産業

DXレポート2.1では、目指すデジタル社会の姿を

  • 社会課題の解決や新たな価値・顧客体験の提供が迅速になされる
  • グローバルで活躍する競争力の高い企業や世界の持続的発展に貢献する企業が生まれる
  • 資本の大小や中央・地方の区別なく価値創出に参画できる

としています。
 
デジタル社会の実現において必要な機能を社会に提供するのがデジタル産業です。
DXが行われ、価値創出にデジタルケイパビリティを活用し、それらを介して他社・顧客とつながり、エコシステムを形成している状態となることで、既存の企業はDX産業を構成する企業となることができます。
従って、既存産業の業界構造が多重下請け型のピラミッドであるのに対し、デジタル産業の業界構造は固定的ではないネットワーク型となります。