layers consulting

製造IoT

製造IoTとは

IoTとは「Internet of Things」の略称で日本語では「モノのインターネット」と表現されます。
モノにセンサーなどを取り付け、さらにインターネットへ接続することで、インターネット経由でのモノの稼働状況把握や操作が可能となり、製造ラインの状況の可視化や設定修正、故障予知などに役立てられます。
具体的には、温湿度や照度、加速度やジャイロセンサーなどの各種センサーを現場に設置してデータを収集し、クラウド上のサービスを利用して分析することで、工場環境や生産効率を改善することができます。IoTを導入した製造業の現場を「スマート工場」と呼ぶこともあります。
なお、IoTに使われるセンサーやゲートウェイは「IoTデバイス」とも呼ばれます。

製造業にIoTを導入する主なメリット

  • 設備の稼働率向上
    設備の稼働状態を常にデータとして確認することができ、即座に異変の察知や故障の対応をすることができます。
  • 品質の安定化
    製品を作る際の品質は設備やヒト、材料、環境などでブレが生じます。そこで、IoTを活用すれば、加工される部品をカメラセンサや荷重計などを用いてセンシングし、家屋条件の異常をチェックすることで品質の安定化につながります。
  • 物流の最適化
    生産ラインを流れる材料や製品、搬送用トレイに通信機能を持つタグなどを取り付けることで、モノの不足や滞留の状態を分析し、最適な物流計画を立てやすくなります。
  • 作業の最適化
    生産ラインに立つ作業員にセンサを取り付けることで、作業導線などの無駄を分析し、効率化することできます。
  • 技術の形式知化・継承
    熟練技師の作業をIoTデバイスによりセンシングすることで、技術を形式知化し、次世代に継承することができます。

当サイトでは、お客様により良いサービスを提供するため、クッキーを利用しています。当サイトをご利用いただく際には、当社のクッキーの利用について同意いただいたものとみなします。当社の使用するクッキーや、クッキーの削除またはブロックの方法については、プライバシーポリシーをご確認ください。