layers consulting

スマートファクトリー

スマートファクトリーとは

スマートファクトリーとは、デジタルデータやデジタル技術を活用し、プロセス改革や品質・生産性向上を継続的に実現する工場を指します。
段階的なステップとして、「①見える工場」、「②止まらない工場」、「③つながる工場」が挙げられます。
 

  1. 見える工場:稼働状況・製造実績状況の可視化
  2. 止まらない工場:自動化、設備予防保全、異常検知(自動判断)
  3. つながる工場:設計連携、営業連携、SCM連携、拠点間連携

スマートファクトリーのメリット

  • 見える工場
    稼働状況や製造実績がデータ化され、リアルタイムで把握できるため、より適切な判断につながります。
  • 止まらない工場
    ラインの自動化や異常の自動検知など、熟練工のカン・コツに頼らずに品質や生産性の向上を継続的に行います。
  • つながる工場
    工場間やサプライヤー間をデータでつなぐ(連携)ことで、1拠点の1つの工程で発生した生産遅延トラブルに対しても、 サプライチェーン全体で瞬時に最適化調整することができるようになります。
    また、営業からの特急オーダーや設計からの設計変更依頼に対しても同様に工場側のデータをリアルタイムで変更することができるようになります。

スマートファクトリーの課題

  • 活用目的の明確化
    製造現場にある膨大なデータを単に収集しても効果は得られません。
    活用目的(改善目標)を定め、それに必要なデータを選別し、実現可能なデータモデルを構築する必要があります。
  • 継続的なデジタル投資
    大量のデータをリアルタイムで収集・解析・判断をしていくためにはITインフラの継続的な改善が必要です。
    例えば、「クラウドコンピューティング」だけでなく、「エッジコンピューティング」の活用やローカル5Gの導入などが挙げられます。
  • セキュリティ強化
    サイバー攻撃から守るため、ゼロトラスト(すべてを信用しない)といった強固なセキュリティモデルの導入が必要となります。

当サイトでは、お客様により良いサービスを提供するため、クッキーを利用しています。当サイトをご利用いただく際には、当社のクッキーの利用について同意いただいたものとみなします。当社の使用するクッキーや、クッキーの削除またはブロックの方法については、プライバシーポリシーをご確認ください。