layers consulting

情報処理技術者試験

情報処理技術者試験とは

 情報処理技術者試験とは経済産業省が認定するITや情報セキュリティへの一定の知識と技能を測る国家試験です。この試験は日本のITや情報セキュリティの知識と技能を向上させるために作られたものであり、一般的な知識を問う試験から専門的知識や技能を問う試験まで幅広く扱っています。これらの試験は、日々ITを利用するエンドユーザから情報システムの開発・運用を担うエンジニアなどの技術者まで幅広い人々に活用されています。

認定資格の種類

 情報処理技術者試験には以下の12種類の試験があり、自らの業務内容や身に着けたい知識・技能などから、どの試験を受けるかを選択することができます。
 

  • ITパスポート試験
    社会人として共通に有しておくべきITや情報セキュリティに関する基礎知識を問う試験です。私たちの生活にITが欠かせない時代になったからこそ、ITパスポート試験で問われる基礎知識は、社会人としての一般知識として有しておくことが求められるようになってきています。
  • 情報セキュリティマネジメント試験
    会社の中での情報システム部門をまとめる上で必要な情報セキュリティの基礎知識からリスク管理、対策方法などの実務的な知識を問う試験です。
  • 基本情報技術者試験
    ITの基礎知識からその理論などの総合的な知識を問う試験です。仕事上で高度なITを活用する人(エンジニア)が基礎能力を習得するために広く活用されています。
  • 応用情報技術者試験
    基本情報技術者試験の知識を身に着けた上で、技術や管理、経営の知識など、より応用的な知識と技能を問う試験です。システム開発やIT基盤の構築などの実務でより高いパフォーマンスを発揮することに役立ちます。
  • ITストラテジスト試験
    ITの深い知識と共に、事業戦略や業務改革など、より戦略的な観点からの経営の知識を問う試験です。ITコンサルタントや経営幹部など戦略的にITを経営に活用していくことに役立つ知識が身に着きます。
  • システムアーキテクト試験
    高度なITの専門的知識とシステム開発のプロジェクト遂行のための実務的な知識を問う試験です。システム開発プロジェクトの上流工程において、要件定義などを行う人々に活用されています。
  • プロジェクトマネージャー試験
    高度なITの専門的知識と共に、システム開発プロジェクトの遂行のためのより専門的で細かい知識を問う試験です。システム開発プロジェクトの全責任を負うマネージャなどに必要な実践的な知識が身に着きます。
  • ネットワークスペシャリスト試験
    高度なITの専門的知識と共に、ネットワークシステムの構築・運用のための専門的な知識と実践的な技能を問う試験です。通信やネットワークに関する情報システム基盤を扱う技術者に必要な知識と技能が身に着きます。
  • データベーススペシャリスト試験
    高度なITの専門的知識と共に、データベースシステムに関する専門的な知識と実践的な技能を問う試験です。データベースの設計・開発を担うエンジニアからインフラ系エンジニアの人々まで、必要な知識と技能が身に着きます。
  • エンベデッドシステムスペシャリスト試験
    高度なITの専門的知識と共に、IoTの広い知識と実践的な技能を問う試験です。IoTを扱うエンジニアの人々に必要な知識と技能が身に着きます。
  • ITサービスマネージャ試験
    ITの専門的な知識と共に、サービスマネジメントをする上で必要な計画・運用やファシリティの知識と技能を問う試験です。顧客ニーズを踏まえてサービスの計画から運用までを担うITサービスのマネージャの人々に必要な知識と技能が身に着きます。
  • システム監査技術者試験
    高度なITの専門的知識と共に、情報システムに関するリスクやこれらの点検、評価、検証などの実践的な知識と技能を問う試験です。企業の情報システムを総合的に監査する監査人や企業内の情報システムのリスクコントロールを担う情報システムの責任者などに必要な知識と技能が身に着きます。

認定資格を導入した背景、歴史

 情報処理技術者試験制度は、情報処理技術者の不足やその後の需要拡大の動向、プログラマの認定制度創設の要望を背景に、昭和44年に発足しました。試験のオンライン実施も昭和末期に行われ、その後、平成初期には試験制度が改定されて、今の試験制度の前身がつくられました。今では、パソコンを用いて試験が随時実施されるCBT方式への移行など、試験の実施方法も時代ともに進化しました。今や、企業や教育機関など様々な法人や団体に活用されています。

認定資格を取得するメリット

 情報処理技術者試験の資格を取得するメリットとしては以下のようなものがあります。1つ目は、ITの知識や技能を有していることの共通の指標であるという点です。それぞれの試験で必要とされる知識と技能のレベルがあり、持っている知識・技能レベルや専門性が一目でわかりやすくなります。そのため、IT系の会社への就職や転職の時や、IT系の会社でなくても、ITの知識を有していることは自身の大きな強みになります。
2つ目は、ITの体系的なスキルを身に着けることができるという点です。情報処理技術者試験では、それぞれの業務やレベルに合わせた様々な試験が用意されているため、自身のスキルレベルの確認ができるとともに、その後のスキルアップ、キャリアアップにも活用できます。

当サイトでは、お客様により良いサービスを提供するため、クッキーを利用しています。当サイトをご利用いただく際には、当社のクッキーの利用について同意いただいたものとみなします。当社の使用するクッキーや、クッキーの削除またはブロックの方法については、プライバシーポリシーをご確認ください。