IPA

IPAとは

IPAとは、独立行政法人情報処理推進機構(Information-technology Promotion Agency, Japan)の略称です。
 
1970年10月1日設立の「認可法人情報処理振興事業協会」を改組し、2004年1月5日に新たに発足した、経済産業省の政策実施機関です。
「誰もが安心してITを使いこなせる環境を整え、ITの恩恵を教授してより豊かで便利な生活ができる社会を実現する」というミッションのもと、情報セキュリティ対策の実現、IT人材の育成、IT社会の動向分析・基盤構築といった活動に取り組んでいます。

主な活動内容

IPAは、IT製品のセキュリティの適切性・確実性を評価する制度である「JISEC」、暗号モジュール試験および認証制度である「JCMVP」、国家資格である情報処理安全確保支援士制度や情報処理技術者試験、DX推進の準備が整っている事業者を認定する「DX認定制度」などの各種認定制度の運営を行っています。
 
また、セキュリティキャンプ、産業サイバーせキュリティ人材育成事業を通じて、IT人材の育成やIT人材が活躍できるフィールドを拡げる活動を行っています。