パーソナライゼーション

パーソナライゼーションとは

パーソナライゼーションとは、企業が不特定多数の顧客や訪問者に向けて画一した発信を行うのではなく、顧客の行動履歴や属性といったデータをもとに、顧客一人一人のニーズに合わせたコンテンツの開発やサービスの発信を行うマーケティング手法です。パーソナライゼーションの典型例としては、オンラインショップにおける利用者の登録情報や購買履歴をもとに、おすすめ商品を表示するリコメンド機能や、個人の検索履歴をもとに利用者の関心が高いと思われる商品・サービスの広告を表示するターゲティング広告があります。似た意味の言葉として「カスタマイゼーション」がありますが、パーソナライゼーションは、企業側(売り手)が用いる手法を指すのに対して、カスタマイゼーションは、顧客側(利用者)が、受け取るコンテンツに関して自らの希望に沿うように設定を行うことを指します。

企業がパーソナライゼーションを導入するメリット

  1. 顧客の価値観の多様化に対応できる
    インターネットの普及によって、情報流通の構造が大きく変化し、個人が自分の趣味趣向によって情報にアクセス、発信することができるようになったことから、多くの価値観が生まれました。そのような背景のもと、従来型の不特定多数の顧客に対する画一的なマーケティングの有効性が低くなったこともあり、マーケティングの効果を高めるため顧客のそれぞれの価値観に合わせてアプローチを行う必要が生じてきましたが、パーソナライゼーションを導入することでこれに対応することができます。
  2. 顧客データが蓄積される
    顧客それぞれのニーズを絞り込む過程で、顧客のデータを収集・蓄積を行い、それらのデータを分析することで、企業は新たな潜在ニーズの把握や、マーケティング施策の立案を行うことができます。