layers consulting

3DCAD

3DCADとは

3DCADとは、構造物や機械部品などの設計を、3Dに拡張して行うことできるツールです。立体を確認しながら設計を行い、部品同士のつながり、ぶつかり合いを目視で確認できるため、構造的な矛盾を取り除いた形で設計することができます。

3DCADの普及

3DCADを活用して設計することによって、実物のイメージをそのままダイレクトに伝えることができるといったメリットがある一方で、これまで2D図面での設計に慣れている日本の設計・生産現場での普及は進んでいないという現状があります。また、3DCADを使いこなすことができる人材の不足や調達部門が見積もりの際に図面を必要とすることなどを理由に3DCADの普及が進まない背景があります。

3DCAD導入のメリット

2DCADでは平面図形を描いて設計を行い、検証は実機試作品を通じて行うため時間がかかる一方で、3DCADは形状そのものを立体的にコンピュータ上で作成し、デジタル試作品として検証に活用することができるため、試作品を作る時間を削減することが出来、手戻りの削減、開発期間の短縮、設計制度の向上を図ることができます。 また、生産技術部門に設計の初期段階で3Dモデルを共有することにより、早期に製造準備を行うことができ、設計者にアドバイスをフィードバックすることで、設計の高度化も期待できます。

当サイトでは、お客様により良いサービスを提供するため、クッキーを利用しています。当サイトをご利用いただく際には、当社のクッキーの利用について同意いただいたものとみなします。当社の使用するクッキーや、クッキーの削除またはブロックの方法については、プライバシーポリシーをご確認ください。