layers consulting

HRBP(HRビジネスパートナー)

1.HRBPとは

HRBPとは、Human Resource Business Partnerの略であり、事業成長に向けた人事とビジネスの両戦略をサポートする役割を担っている人材を指します。元々は1997年にミシガン大学教授のデイビッド・ウルリッチ氏が提唱した「人事部門が果たすべき4つの役割」の一つであり、企業の目的に沿って経営層を支えていく人材とされています。従来の人事は労務管理のみを担うことが一般的でしたが、人事を経営の側面から考えることが求められている戦略人事の潮流に即した人材となっています。

2.HRBPに求められること

HRBPは人事の知見と経営の知見を兼ね備え、両知見を複合的に活用できる必要があります。したがって、次の2点が主に求められます。

  1. 企業理念を理解し、社員に伝えていく
    企業理念は会社の存在意義であり、会社が行っている事業の根底に存在しています。したがって、適材適所な人材配置を実現させるために、HRBPは企業理念を正しく理解している必要があります。また、社員に企業理念を正しく啓蒙することによって、社員の業務が会社の目的に沿ったものとなり、会社の成長につながります。
  2. 人事課題を解決する能力
    人事課題は業務の停滞や、社員のエンゲージメントの低下を招き、会社の成長を阻害する要因になりえます。HRBPは社員の動向に目を光らせ、人事課題をいち早く見抜くことで、自身で、ないしは経営層と議論して対応していく必要があります。迅速な対応は会社の成長を促すとともに社員の信頼にもつながります。社員に信頼され、すぐにHRBPに相談できる体制が整うと、人事課題の解決はさらに迅速になり、成長はさらに促進されていきます。

3.現在のHRBPが陥りやすい課題

本来のHRBPは経営を司るビジネスリーダーを支援するコンサルティング機能を担うべきですが、実際は人事オペレーションの支援に終始してしまい、本来のHRBPとして機能できないことが多いです。これは、HRBPがステークホルダーであるビジネスリーダーの期待を見誤っていることがおおきな原因です。
ビジネスリーダーがHRBPに求める業務は、事業戦略に則った人事戦略の策定を基軸として、人事戦略実行の際のマネジメントサポートや人事戦略・施策の導入や定着を図ることです。また、HRBPは従業員相談対応の場でも、社員に寄り添いキャリアプランを共に考え、社員からの信頼と経営戦略を両立できることが期待されています。そして労務相談や定型化されたオペレーション業務は事業所人事に任せる必要があります。

当サイトでは、お客様により良いサービスを提供するため、クッキーを利用しています。当サイトをご利用いただく際には、当社のクッキーの利用について同意いただいたものとみなします。当社の使用するクッキーや、クッキーの削除またはブロックの方法については、プライバシーポリシーをご確認ください。