layers consulting

シナリオプランニング

1.シナリオプランニングとは

シナリオプランニングとは、5~10年先の未来に起こり得る環境の変化をシナリオとして複数想定することによって、不確実な環境の中から適切な意思決定を行うことを可能にする戦略立案手法のことを指します。シナリオプランニングにおいて策定された複数のシナリオは、「環境変化が市場に与えるインパクト」と「その環境変化が将来起こる可能性」を軸に優先順位付けされます。企業や組織の事業計画や経営計画は、業績をはじめとする直近のトレンドなど、現在の状態を起点に策定されることが一般的です。しかし、これらの計画は未来が現在の延長線上に存在していることを前提に、一つの未来についての最善と最悪を想定しているに過ぎず、全くの想定外の環境の変化が起こった際に適切に対応することができません。そのため、市場環境の変化が激しく不確実性が高まっている昨今において、シナリオプランニングは多くの組織における戦略策定の有効な手段として取り入れられています。

2.企業がシナリオプランニングを導入するメリット

  1. リスクや環境変化に適切に対応することができる
    現在の組織のトレンドに拘泥することなく、複数の未来を予測し事前に対応策を準備することで、組織内でリスクに対して意思統一が図られ、実際にリスクが顕在化した際に即座に対応することができます。
  2. ビジネスチャンスを見つけやすくなる
    将来のシナリオを予測する過程において市場の変化を分析することで、次なるビジネスの機会を見つけやすくなります。またシナリオプランニングは、企業の現状に縛られないシナリオ策定であるため、既存の枠組みにとらわれない戦略を検討することができます。
  3. 組織内の体制が最適化される
    策定した複数のシナリオに対して迅速に対応するためには、それを実行に移すためのマネジメント体制が必要となるため、シナリオプランニングを起点に組織の最適化がなされます。

当サイトでは、お客様により良いサービスを提供するため、クッキーを利用しています。当サイトをご利用いただく際には、当社のクッキーの利用について同意いただいたものとみなします。当社の使用するクッキーや、クッキーの削除またはブロックの方法については、プライバシーポリシーをご確認ください。