layers consulting

サブスクリプション

1.サブスクリプションとは

サブスクリプションとは顧客が月々や年々ごとに定額料金を支払うことで、自身のライフスタイルに合わせた商品やサービスを一定期間利用・享受できるというビジネスモデルを指します。一般的に、動画・音楽配信サービスや食品・食材の定期宅配、家具や洋服のレンタルサービスなどが挙げられ、顧客の購買行動の多様化やデジタルテクノロジーの発展という背景から、近年急速に普及が進んでいるビジネスモデルの一つです。

類似の用語として「定額料金サービス」があります。商品サービスの利用に対して一定期間、定額料金を支払うという点では似ていますが、定額料金サービスは、新聞や雑誌の定期購読のように単一の料金プランで商品サービスを提供するのに対し、サブスクリプションサービスでは、顧客の目的や利用局面に合わせた幅広い料金プランやオプションなどを用意し、顧客ニーズを満たすサービスを提供します。

2.企業がサブスクリプションのビジネスモデルを導入するメリット

  1. 継続的な収益が見込める
    サブスクリプションは、継続的なビジネスモデルという特徴から、安定した収益が見込める点が最大のメリットとして挙げられます。
  2. リアルタイムの顧客データの管理・分析が可能になる
    顧客との継続的関係により、顧客データを収集・分析することができます。そのデータを活用することで、デジタルマーケティングや更なるサービス向上・改善に生かすことが可能です。
  3. 新規顧客の獲得が容易になる
    顧客が商品サービスを購入する際の初期導入コストを抑えることができるため、新規顧客獲得のハードルを下げることができます。これにより、顧客数を増やしやすくなります。
  4. 様々な業界・業種の商材への対応が可能になる
    現在、動画・音楽配信サービスだけでなく、家具や洋服、玩具、車など多くの商材にサブスクリプションモデルが普及し、その市場規模は急速に拡大しています。比較的幅広い商材に導入可能な点は、サブスクリプションのメリットの一つだと考えられます。

当サイトでは、お客様により良いサービスを提供するため、クッキーを利用しています。当サイトをご利用いただく際には、当社のクッキーの利用について同意いただいたものとみなします。当社の使用するクッキーや、クッキーの削除またはブロックの方法については、プライバシーポリシーをご確認ください。