XaaS

XaaSとは

XaaS(ザース)とは、X as a Serviceの略で、コンピューター資源をインターネット経由で提供・利用するクラウドサービスの総称です。XaaSのXは未知数を意味し、この部分に様々な文字が入ることを示しています。
下記SaaS・PaaS・IaaS・IPaaSのほかにも、NaaS(Network as a Service:ネットワーク関連技術)、CaaS(Communicationas a Service:TV会議/Web会議などのコミュニケーション関連技術)等があります。
ほかにEaaS(Everything as a Service)ともいいます。

SaaS・PaaS

SaaS(Software as a Servis)

SaaSとは、クラウドサーバー上にあるソフトウェアをインターネット経由で、利用するサービスのことを指します。
似た概念としてASP(Application Service Provider)がありますが、一般的にSaaSは提供されるソフトウェアを指し、ASPはアプリケーションを提供する事業者やビジネスモデルを指します。
SaaSの主なサービスとして、Microsoft Office 365などのオフィスソフトやGmailなどのWebメール、Dropboxなどのオンラインストレージ、サイボウズなどのグループウェアなどがあります。

 

PaaS(Platform as a Servis)

PaaSとは、アプリケーションを実行させるために必要なプラットフォームを、インターネットを経由して利用できるサービスのことを指します。
PaaSを利用することで、アプリケーションの開発に必要な開発プラットフォーム環境(サーバーの設置、OSのインストール、ネットワークの設定など)を省略でき、また、アプリケーション開発後のプラットフォーム環境のメンテナンスにかかるコストを削減できます。
PaaSの主なサービスとして、AWS(Amazon Web Services)、Microsoft Azure、Google Cloud Platformなどがあります。

IaaS・IPaaS

IaaS(Infrastructure as a Servis)

IaaSとは、クラウド上にあるネットワークやサーバー(ストレージ・CPU・メモリ)などのインフラ機能を利用できるサービスです。
IaaSは、自社でサーバーなどのハードウェアを持たずに、インターネット経由で必要な分だけのサーバーやストレージ、ネットワークリソースを利用することができます。
IaaSの主なサービスとして、AWS(Amazon Web Services)、Microsoft Azureなどがあります。

 

IPaaS(Integration Platform as a Service)

IPaaSとは、オンプレミスやクラウドを問わず、複数のシステムを統合し、管理するための各種機能を提供するクラウドサービスを指します。
IPaaSが注目される背景には、多くの企業でSaaSの利用が活発化し、オンプレミスとSaaS、SaaS同士を連携したいという需要の高まりがあります。
IPaaSを提供する主な企業として、Zapier、Workart、Infomaticaなどがあります。